心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ヤマトに恋した日々~再び
2199第七巻劇場限定版BDが届くまでは、少し2199から距離をおこうと思っていましたので、ひさしぶりに「モデリングガイド」ヤマトを目にすることになり、とても刺激的に感じられました。
渇望する想い、が、そうさせるのでしょうか。

同じく、このところ、2199音楽もあまり聴いていませんでした。
「サントラPart.3」をきちんと聴けるまで、音楽を聴くのを控えていようかと思っていたのですが、「モデリングガイド」に刺激されて、急に、以前編集した「2199OPED曲集」を聴きたくなってしまいました。
こちらもやはり・・久しぶりに聴きますと、心にしみてくる度合いが、以前にもましているように感じられます。
第一章から聴きますと、2199の旅の思い出がよみがえってくるよう。
いつものことながら、第三章ED「真赤なスカーフ」では、涙がにじんでしまいます。
そして・・今回の新たな発見は、第七章ED「愛の星」でも、自然と涙がにじんでしまった、ということ・・かつての懐かしさからくる涙とは違う、これは2199という新しいヤマトの世界によって生じた涙、なのですね。公開直後に見たすぐ後の余韻に浸っているときは、涙ぐむのも当然のことと思っていましたが、今は違います。私の中に2199の世界がたしかに入り込んでいるのだ、と感じました。

そうやって、距離をおいては、距離を縮め、私にとって価値ある存在、と感じるようになっていくのですね。
まるで恋するように・・。
かつて、「宇宙戦艦ヤマトに恋した日々」がありました。
今また、新しいヤマトの世界に恋しはじめているのでしょう・・か。
yuki10

編集した2199OPED曲集に、カップリング曲2曲が追加してあります。
以前にも書きました「風音~君に逢いたくて~」「未来への誓い」
「風音」は、なぜか理由を言葉にできないくらい、心ひかれる、かき乱される歌なのです・・
第七章EDまで聴きまして、この曲にうつると、とたんに、私の心の中がざわめきます。
切なく、求める想いに胸が苦しくなるほど・・そして、何度でも聴いていたくなり、
リピート再生し続けてしまうのです。自分にもわかりません・・。
そして、頭の中で勝手に妄想が暴走しはじめてしまうのです・・。
私はおかしいのかしら、と思うことも。
でも、この歌を聴くことで、私はいっきに2199の世界に入り込んでいくことができるのです。
使われていない曲なのに。

次に「未来への誓い」が聞こえますと、新しいヤマトの世界の可能性や広がりを感じて、
前に進む勇気をもらえる気がするのです。

この二つの歌が、新作の挿入歌になったらうれしい・・全くの私の個人的な好みのお話ですが。
また、どんな内容の新作かもわかりませんが。
ただ、もしも使用されるなら、「風音」は、古代君だけに使ってほしいと思います。
ほかの人には考えられない。
・・ああ、私はまだまだ混とんの世界に埋没している・・
もう少し、作品を繰り返し見て、全体を見渡して、「見えてくるもの」を、いつかサイト
書き残しておきたいです。
まだ今は早い・・あまりに自己中心的な独りよがりの思いが先行してしまうので(笑)。
kodai20
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<今夜「復活篇DC」地上波TV初放送! | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「宇宙戦艦ヤマト2199モデリングガイド〔発進編〕」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |