心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
再燃、2199への想い
関東地方、ただいま大型台風直撃。
激しい雨風のため、家族全員、家にこもっております(子供たちは臨時休校でご機嫌^^;)。
あと数時間で抜けると思いますが、現在また今後かかわりのある地域の方々は、くれぐれもご注意くださいね。

さて、ここ数日、劇場限定版BDやその特典映像、最終話絵コンテを見まして、すっかり頭は2199世界へ舞い戻り、おもいめぐらしていますが・・昨日は、その後初めて、ひさしぶりに劇場上映版2199OPED(+お気に入り曲)を集めたCDを聴きましたところ、また以前とは印象も少し変わっていました。
とくに第七章を中心に、想いがめぐり、高まり、作品の奥にあるドラマを想像したり、それぞれの人物の思いをおしはかってみたり・・さらには私自身の妄想へと広がる部分もあり、また個人的な好みではありますが「風音~君に逢いたくて~」の歌をリピート再生し続けてしまう、という状況に陥りました(古代君の心情の流れを、ずっと思い返していました^^)。
・・つまり、すっかりイベント上映中のドキドキ感がよみがえってまいりまして、ひとりで勝手にもりあがっておりました(笑)。また、心に火がついた、という感じ。

そしてまた、昨夜遅くには(台風で朝もお弁当作りはありませんし、ゆっくり過ごせそうでしたので夜更かし^^;)、どうしても第26話をまた見たくなり、見始めますと、絵コンテの展開を一つ一つ確認するように、じっくりと見ることができましたし、「サントラPart.3」の曲がどこでどのように使われているのかを確認してみたり(先にUPしました記事サントラ感想における使用箇所が、若干間違っており失礼しました:第26話の古代のモノローグでは『音楽なし』です・・小野大輔さんのお声にじっと耳を傾けていたのを思い出しました^^『虚空の邂逅(短い)』は、ユキがよみがえり語り合うシーンでした)。
すっかり、時間がたつのを忘れてしまい・・さらには、結局、第23~25話もすべて見てしまいました。

何度か見ますと、当初感じた内容が若干変化するものもありますが、やはり、ひとつ気になる部分がある、と書いていました点は、今も同じように感じています。
近いうちに(?)いつか、サイト感想ページ【追記】でUPしようと思います。
kodai20
今日は、時間にゆとりができましたので、
子供たちと第25話完全版を見ようと思います^^
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<転属の件、2199音楽へ寄せる想い | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199第七巻劇場限定版BD特典「絵コンテ」(ネタバレなし)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |