心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
活力の源には
先日、ただいま注目している他作品について書きましたが、その中で、NHK朝ドラ「ごちそうさん」には、その後も家族を巻き込んで(笑)、はまっております。最初に、娘は絶対気に入るはず、と勧めたところが、すぐに、毎日録画し学校から帰ってはその日の放送分を見る、という生活に。
主人もはまり、合間に録画をチェック、息子は時間がもてたときのみですが、やはり興味あり。
見始めた早々に、この番組の影響か、日常の食事について、あれこれと私に要望が投げかけられて、「食のすばらしさや、食を通しての生活のゆたかさ、こころのかよいあい」が描かれていくことになるのかしら・・と楽しみながら見ていたものが、内心「主婦に対して、もっともっと・・の理想像をおしつけられてしまうのかしら」という恐れも感じてしまい、みなに勧めてまずかったかな、と思うことも(笑)。

過日の家庭内トラブルは、食生活とは全く関係ないことでしたが、いろいろ省みるうち、ひごろ慣れたものばかり料理して発展性がありませんでしたから、この番組がきっかけか・・日々の食生活に変化をもたせ、家族にいい刺激になれば、と、一念発起。
子供たちも成長し、いろいろな食材や味を味わえるようにもなってきましたら、かねてより食べてみたいけれどもなかなか作ることができなかったものを作りたい意欲も急激に高まり、先週から「同じメニューを二度と作らない」をポリシーに掲げ、連日、なにかしらに挑戦しています^^

やはり、「食べること」は生きる基本にありますので、これまで料理が惰性的になってしまったり、あわただしさから手間かけずに、となることも多々ありましたが、恥ずかしながら、今頃ですが、先のように思い立った次第。子供も成長し、人生における今を、私自身への新たな課題を掲げる貴重な機会、と感じましたので、とことんやってみよう、と。

そのためもあり、最近、献立作りにかなり時間をかけています。最初は大変と思いましたが、食欲というものは人間の根本的な欲求だからでしょうか・・「子供たちも素直にがつがつと食し、満足してくれる、次は何?という期待もしてくれる」という手ごたえやうれしさも感じてきまして、献立作りも楽しくなってきました。
これまで、料理を、あまりに当然のことで意識せずやや義務感からしていたところもありましたので、ようやく、食や料理の本質的な部分や楽しみを実感できたような気がします。
以来、手元にあるレシピを徹底的に読みあさり、料理グッズを見直し、調味料や食材をできるだけ幅広く常備しておくようになり、これまで邪魔に感じ身に着けていなかったエプロンも、実際に長時間調理で汚れることも多いためもありますが、不思議と楽しく身に着けられるようになり・・と、あまりの自身の変わりように、われながら驚くことしきり。
今では、本屋さんに行きますと、ヤマト関連コーナーは常時チェックしていますが(やっとヤマトの話題、すみません^^;)、必ず料理本コーナーにも立ち寄るようになりました。
以前からテーブルクロスもそろそろ変え時かしらと思っていましたが、これを機に、イメージチェンジしました^^私自身の気合を入れるためにも(笑)。

この活力の源はなんでしょう。
心の中に、いつかはしたい、と思っていたものはありました。それを浮上させたのは、家庭内トラブルというハプニングでした・・これが、逆にいい方向に向く起爆剤となったのかしら。
一念発起できたのは、「徹底的に頑張ってみて、ダメだったらやめよう、あきらめよう」と思ったから・・ぎりぎり頑張り始める最後のチャンス(子供たちの食べ盛り時期)に遭遇したからかもしれません。
当初の重い思いが、よい思いへ変えられたのは、子供達の「おいしい」という完食、「今日は何?」と楽しみにしてくれた思いを身にしみて感じたから。「楽しい、手ごたえを感じる、子供たちに日々わくわくドキドキ感を与えたい、食が刺激になって心を潤してほしい」という思いに変わってきたのだと思います。

家族それぞれが違う方を向いていたように感じていた最近・・食を通して、「結局、みなひとつところで、ともに在ること、いられること」を学べた気がした。
表面的には、生活時間も、活動領域も、違っていても、毎日みな食事はするのですね。
以前から「同じものを皆で食べる」ということは大切だと思っていました。そうであれば、たとえ、時間や場所が異なっても(お弁当など)、ふだんの生活の共通の土俵にみながいる、と実感できると思うのですね。
今回の件を通して、なおさらそれを感じることができました。
だから、主婦はがんばることができるのですね。
自分にできることを全うすることで、亡き先人たちへの想いも全うできるような気がしてきました。きっと、父母も、それがいい、というに決まっている、と。
それを心の支えにして、これから先の人生を歩んでいきたい、と、私にとっての大きな節目となるであろう「今」を見ることができたような気がしました。

ヤマトブログですのに、関係のない話題ですみません。
でも、今回の件、ブログサイト運営をやめてしまおうか、と思うほどに消沈しておりました状況から、浮上してきた・・その活力の源が、どこにあったのか、今私は何をめざし、何ができるのか、何をしようとしているのか、を見つめることが、とても大切と思われたので。
ああ・・・ヤマトと関連するところ、ありました!
ryori

このテーブルクロスは、たまたまお店で見かけて、セール品で自由にコーディネートできるものでしたが、「これからのポリシーを貫くために、そして、家庭の雰囲気を変え気分転換したい」という想いから選んだものでした。布に地模様や型抜きの模様もあり、全体的な雰囲気で決めたのですが、変えて1週間ほどもたった今日になって、初めて気づいたのでした・・この配色が、古代君の制服の配色と同じだった!ということを(笑)。
無意識のうちに、私の心の奥底にある活力への思いは、古代君への想いと重なっていたのかもしれません。
今日、それに気づき、愕然としました。
私の中に長年刷り込まれていたものの存在を、改めて実感しました。
ヤマトと古代君、これまでいつもいてくれてありがとう。
(話題がヤマトと結びつかないかしら、と考えていましたら、この偶然の一致に気づき驚いた次第です・・無事にヤマトに着地しました:笑)
kodai18
関連記事
別窓 | 全映像作品関連 | コメント:2 |
<<第七章DVD&BD版上映、ハリウッド実写化、2199関連書籍 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | プレミアム会員特典>>
この記事のコメント
[]
勘助さま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
かねてより、すでにマイペースな私のブログ&サイトでありましたが、少しずつ、そのペースに戻りつつあります。
今後も、日々精進しつつ、ヤマトへの想い、その他もろもろ(^^;)も、表現してまいりたいと思います・・途切れることも自然の成り行き、復活するもまた己のこころの声にしたがって。

励ましのおことば、本当にありがとうございました。
とても恐縮しております・・・。
2013-11-07 Thu 23:09 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
[]
おやめになるかも!?など、
寂しいこと仰らないでください笑
記事内容に関わらずいつも楽しく拝見しています。
アーヤ様のペースでご無理なさらず、
ゆっくりとゆったりと、、、朝ドラ面白いですよね。
大ヒット作品の直後にも関わらず好調のようです。
それにしてもシロにアカ!すばらしい合致ですね。
2013-11-06 Wed 22:12 | URL | 勘助 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |