心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
第七章DVD&BD版上映、ハリウッド実写化、2199関連書籍
ヤマトクルーさまからのメールにより知りました。サイトも更新されています。
12/8(日)に新宿他で「2199第七章/BD・DVDバージョン」上映会が開催される、とのことです。
新宿では「たっぷりヤマトークナイト/帰還式」も行われるそうです。
とても行きたいですが、日曜の夜1回きりの上映、夜のイベント・・予定はあいているのですが、日曜夜に家族をおいて一人で外出はできません。時期も時期ですし(受験直前期)。
せめて一週間くらい、平日の日中も上映してくれるとよかったのですが。
自宅でDVD&BDを見ることで我慢しましょう。
プレミアム会員特典を十分に活用できないのが残念でもあります・・。
行ける方、楽しんできてください。

それにしましても、今回のことで思い出しましたが、今までのヤマトークナイトの映像をDVD&BD化してほしい。
全く見る機会がないのですものね。

---------

まだ小説はじめムック資料など読み終えていないので、ネット上のコメントなど最近チェックしていませんでしたが、この上のお知らせの後、すこしヤマトクルー談話室をのぞいてみましたら、「ヤマトがハリウッド実写化」のニュースが紹介されていました。以前から企画されたことなど目にしていましたが、具体的にスタッフもきまっているようすで、現実的になってきたようですね。
記事に登場する映画作品は、名の知れた作品がたくさんありますが、あいにくどれも見たことがなく(スタートレックはタイミングが合わず見られず^^;)、どのようなタイプの映画になりそうか、想像がつきません・・・今後の作品として掲げられている「ミッション:インポッシブル」第五弾、「エージョント:ライアン」はいずれもシリーズものとなってきているので、何となく漠然としたイメージはつかめそうですが(派手なアクションとエンターテインメント性の高い、比較的誰もが楽しめそうなわかりやすい展開?)。
制作総指揮に西崎彰司氏も予定されているようですから、ヤマトの精神や世界が大切に描かれることを願っております・・とはいえ、近年の日本アニメのハリウッド映画化にはかなり原作とはイメージのずれが生じていますから、あくまで別物、とあらかじめこころして(笑)、楽しみにしたいと思います^^
広く多くの方の目に触れられるのは、うれしいことですから。

--------

さて、昨日、行きつけの書店にまいりましたら、連休前には5冊ほど入荷していた「2199『ヤマト計画』記録集」「2199公式設定資料集<Garmillas>」「小説」のうち、小説以外は品切れとなっていました。
これは、売り上げにかなりの勢いがあるもの、と感じました。<Earth>のときも、早々に品切れになっていましたが、やはり、2199の人気や注目度の高さ、TV放送の影響のためもあるのかしら。
うれしいですね。
なお・・ご参考までに、マニアにはさほど評価が高くないようですが(アマゾンレヴュー)、「2199『ヤマト計画』記録集」は、子供達は興味深く楽しんでいたようです。息子はプラモや作戦計画のページにかなり関心が高く(^^やはり男の子ですね)。
いろいろな出版物も、いろいろな方をターゲットにされた作りになっていれば、より幅広く、いろいろな方にそれぞれの楽しみ方ができますから、選択肢の幅があることはよいですね(贅沢な話ですが)・・それを可能としてくれたのは、もちろん、2199作品の人気の高まり、TV放送されたことなどによることが大きいでしょうね(私の推測です^^いろいろな企画が実現しやすい状況が整ってきたのかしら?)。

ヤマトにかかわる今後の展開が楽しみです。
kodai20
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) |
| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |