心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199第七巻 ヤマトクルー限定版DVD
大変遅ればせながら、2199DVD&BD第七巻特典にありましたヤマトクルー限定版DVD「愛の星」MVを、ようやく見る気持ちに至り、先ほど見ました。

「愛の星」は、車の運転中によく聴いていましたが、2199映像とともに聴くと、また、とてもよいものでした。
とくに、編集された映像が、キャラクター中心で、赤い地球を旅立ち、さまざまなことを乗り越えていく中で、人と人のきずなや想いやる気持ちが描かれ、ラストの青い地球に至るものですから、映像と歌の内容が一体化し、とても味わい深く、2199という作品をまた最初からじっくりと見たい!という想いが強くわきおこりました^^

そして、私はやはり、ヤマトが好き!と。
懐かしい心のよりどころに立ち返ることができたようなきもちになりました・・とくに、2199という点では、軽やかなやすらぎ、とでもいいましょうか・・すっ、と力が抜けていく明るさを備えて。
いろいろな楽しめる作品がありますけれども、私にとって、やはり、ヤマトは別格の存在。
やすらぎにひたりきって現実に戻れなくなるのがこわくて(^^;)、ヤマトの世界に浸りきらぬような距離感を保ってきましたが、かえってそれが、わたしとヤマト(とくに今回は2199という作品)のありようを、改めて強く感じることができました。
わたしにとっての作品の存在意義が定まってきますと、徐々にその作品との距離も定まってきますから、作品を一定の視点で客観的に見ることができてくるのですね・・そうしていきますと、そのうち、作品論も書くことができるようになるでしょうか。

ああ、あさっては、2199帰還式ですね。
私も、ちょうどタイミングよく、2199との旅を終え、うまく私自身の心の中に着地できそうです。
きもちも定まってきますと、いろいろな読み物も、わたしなりの立場から落ち着いて目を通すことができそうです^^
earth

まったくの余談ですが、本日放送されました
NHK朝ドラ「ごちそうさん」にて、少し前から
出ていました「奇跡」という言葉にかかわる
エピソードが描かれていましたが、この言葉から
私はいつも2199を思い出していました。
出渕監督2199における真田さんの言葉、
そして「愛の星」の歌詞にあり、他作品では
あまり見かけない言葉と感じていましたから・・
もしかして、そのヤマト(2199)のエッセンスが
脚本家の方に内在していたのかしら??なんて、
勝手な妄想をしておりました(^^)。
だとしたら、うれしいですね。
・・ということで、NHKつながり、として、
紅白歌合戦では、ぜひとも水樹奈々さんに
『愛の星』を歌ってほしい!」と改めて感じています、
と、しめることにします(少々強引な着地:笑)。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<久しぶりに、燃えた! | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「アニメロサマーライブ2013 第三夜」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |