心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199関連グッズ、一挙到着^^/
ブログをお休み中ですが、今日は、メールチェックをしていませんでしたので、突然にあまりにたくさんのヤマトグッズが到着することとなり、すっかり気持ちが舞い上がってしまい、書かずにいられなくなりました(^^;)。

「宇宙戦艦ヤマト2199 4」(コミック第四巻)
書店で見かけてから、そろそろ・・と思っていましたが、ようやく手元に届きました。ヤマトクルーさまのトレカは西条未来さん、2枚目だったかな。最近、メインキャラのトレカはあまりなく、もうないのかしら。
第3・4巻ネーム集も同時購入しましたが、表紙の古代と島のイラストがとてもかわいらしくて、早く開封して見てみたい。ところで・・第1・2巻のネーム集というのは存在するのかしら??あるのでしたら、ほしいですね。

超合金魂GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199
2月になってからの到着予定でしたのに、こんなに早く届きまして、驚きました^^
しかも、予定よりかなりお安くなっていましたので、またうれしい。
薄紙でおおわれていて、かすかに見えるヤマトのイラストやロゴに、ドキドキワクワク。
でも、やはりこれも、子供の受験が終わるまで封印しておきます。
すべてが終わったとき、楽しみたいと思います^^

「月刊モデルグラフィックス 2014.03」
お買い物ついでにたまたま入りました書店にて、ヤマトが表紙になっているこの雑誌がすぐに目にとまりました^^
巨大な文字で「〔巻頭特集〕ヤマトメカニクス2199 国連宇宙海軍VS大ガミラス帝国軍 艦隊大決戦!!」と、「必ず帰ってくるぞー!」の文字がとても印象的。
とてもすてきな表紙のデザインなので、ほぼ購入意思は固まっていましたが、念のため、どのくらいのボリュームなのか、パラパラと見ましたら、なんと36ページにもわたっていまして、かなりカラーページも多く、プラモの写真がとても美しく、物語っているようで、2199世界を再現してくれているよう。映像作品の画像も少し、また玉盛順一朗氏のイラストや語り、ヤマトドメル機動部隊、ドメラーズIII世、メ号作戦セット、デウスーラの円形劇場・・と、情報やビジュアル的作品が盛りだくさん(注:浅薄な知識の私にとっては、です^^;)。
また、メカだけでなく、そのビジュアルとともに読み物も楽しめまして、2199世界にあれこれ思いめぐらす楽しみも味わえます。
この雑誌では初のヤマト2199特集とのことで、2199作品を多角的にとらえようとする思いも感じられ、ヤマト作品の公開形態の歴史や岸山博文氏(バンダイ開発担当)インタビュー、出渕裕ロングインタビューも掲載されています。
読み始めたら止まらなくなりそうなので(笑)、今はぐっとこらえて、あとのお楽しみにとっておこうと思います^^

今年もまだまだ・・いえ、これからますます、2199関連の話題に何が登場してくるか、楽しみです。
kodai19
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<「画業60周年 松本零士の零次元漫画館」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199コミック第4巻>>
この記事のコメント
おかざきさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
おひさしぶりです。
次々とプラモデルフィギュアの発売が続き、楽しみも続きますね。私はとてもすべてに手を出すことはできませんが、こうした動きがあり、話題となるのは、うれしいです。

新作劇場公開に向けて、ますます機運がもりあがっていくとよいですね。
2014-01-27 Mon 21:22 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
アーヤさま ご無沙汰しとります。おかざきです。多層空母を先週買ったときにドメラーズⅢのプラモの広告封入されてて吃驚しました。で25日の模型誌での広告。夢ではないのねと思いましたよ。

あとヤマト2199メカコレ発売も嬉しいですね。小難しい理屈はいらずに作れる値段ですから。当時の4倍なんですね。価格。まあ模型人口が減少したのと新規に金型製造するコストを考慮すれば仕方ないですね。

今年もヤマトな年となりそうですね。

では気候不順ですのでご家族の皆さまの健康を祈っております。
2014-01-26 Sun 17:29 | URL | おかざきみつまさ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |