心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ファミ劇「宇宙戦艦ヤマト第13話」
TVチャンネルを変えると、ファミリー劇場にて放送中の「宇宙戦艦ヤマトHDリマスター版」がうつりました・・リアルタイム放送のめぐりあいは、とてもうれしい^^
ちょうど、息子もいて、第13話のガミラス捕虜、古代の中学時代のエピソードにひきつけられ、結局、一緒に最後まで見ることになりました。

絵は今の時代のアニメからしますと、昭和の香りがぷんぷん・・乱れる線もありますが、ひさしぶりに見ましたら、30分の枠の中になんとたくさんの深いテーマが織り込まれ、それをテンポよく構成された脚本、思いが込められたセリフ(少々昭和らしいノリのものもありますが:笑)、声優さんたちの見事な表現力、音楽のすばらしさ(40年たった今聴いてもまったく色あせていない)、ヤマトや戦闘機その他手術室のメカにさえも、そのデザインのきめ細かさと温かみを感じ(メカ音痴なため、今ごろ気づいたのですが^^;丸みを帯びた曲線による効果、なのでしょうね^^)、エンディング映像を見ては、スターシャの神秘的でアニメを超越したような存在感・・そのインパクト(子供心に、その神秘性に強く惹かれ、ヤマト作品の象徴のように感じていました^^)・・と、実にさまざまな思いにとりつかれまして、つい、見入ってしまいました。
ちょうどもう40年も前になる作品とは思えませんでした。
ひきつけられる魅力があるのです。

子供のインフルエンザが長引き、今週はドタバタの日々でしたが、ようやく熱も下がり、ほっとできるひとときを感じられるようになって、今日の第13話とのめぐりあわせがありまして、とてもうれしかったです^^
また、ヤマトの世界とじっくり向き合いたい・・!
長時間視聴はなかなか難しいですが、折々に触れ、楽しんでいきたいです。
kodai5
関連記事
別窓 | 映像作品(旧TV,劇場版) | コメント:0 |
<<大雪警戒 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | ファミリー劇場「宇宙戦艦ヤマトHDリマスター版」にて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |