心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2199関連グッズ、あれこれ
昨日は、久しぶりに、以前よく行っていました書店(丸善)に行くことができまして、ヤマト関連書籍がほぼそろってありましたので、うれしくなりました^^
以前は、2199設定資料集<Garmillas>がなかなか店頭に並んでいなかったこともありましたが、2199コミック第4巻までしっかりそろい(あと1冊になっていましたが)、まだまだヤマト健在!という気分に。

また、時々チェックしていたヤマダ電機のプラモコーナーには、ヤマトのプラモが最新のものまでいろいろありまして、やはりうれしくなりました^^

そんなことがあったあとの車中で、さきの記事に書きました「サラメシ」でのヤマト音楽との出会い。
いろいろな刺激が私の心を揺さぶります。
徐々に、ヤマトへの想いがまた表面に浮上しつつあるようです。

忘れていましたが、今日はヤマトクルーさまで森雪フィギュアの予約開始日でありました・・ですが、急きょ、日中チェックしましてもなかなかサイト更新されず、いつになったら・・と思っていましたら、メールでお知らせあったようです。夕方から雪かきと家族の世話で忙しくしていましたから、今ごろ見てみましたら、もう完売・・なのでしょうかね(^^;)。もともと、購入決意をしっかりとしていませんでしたので、いたしかたありませんが・・いざ買えないとなりますと、少し残念な思いも。それにしましても、やはり人気があるのですね・・。

さて、先日、ようやく2199コミック第4巻を読みました。
一部、雑誌で読んでいた部分もありましたが、改めて通して読みますと、とても楽しめました^^
アニメ作品をベースに、セリフも尊重されつつ、そこにさらに一歩踏み込んだセリフやシーンも織り交ぜられ、登場人物たちの背景や性格をより深く表現されていますから、それぞれの人物像が、より浮き上がってくるかのようです。
古代、ユキ、山本、沖田艦長については印象的な部分も多く、うれしい。
赤道祭においては、いろいろな人物たちの関わるシーンが、うまく組み合わされ、楽しめました^^ 
ただ、私個人的には、星野はNGでしたけれど・・。山本のシャワーシーンもいかがなものか、と・・なくてもいいのでは、と。
私が読む前に(内容確認せずに)娘に読ませてしまった・・これまでは私が読んだ後に見せていたのですが、今期あわただしかったので、さきに見せてしまい(^^;)、今ごろ気づいた次第。
子供たちにも気軽に読ませられるものだといいのですけれど。
kodai18
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<TV視聴状況 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「サラメシ」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |