心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
明日への希望
久しぶりに夜更かししています・・今月に入って、子供たちはバラバラにテスト休みや短縮などなどで、在宅率も高まり、日中一人で過ごす時間はほとんどなくなりましたので、体調が乱れぬ範囲で時差活動中(^^;)。

東日本大震災が起きてから、明日でちょうど3年たちます。
この3年間は、私事ですが、あまりにもいろいろなことがありまして、それ以前の生活を思い出すのが難しい・・いえ、正確には、「それ以前の私」ですね・・私自身が、いろいろなことを通して、ずいぶん変わってきたと思います。
「生きること」「生きていること」の意味を、以前にもまして考えましたし、以前に比べて明らかに異なるのは、「わたしをとりまくすべてのものの存在とのかかわり」を、よく考えるようになってきたことかしら。
私はひとりで生きているのではない・・そんなことは、とうの昔にわかっていたけれども、実感として、それは「私一人では生きていけない(多くの人の支えによって生かされている)」という切実な思いばかりでなく、「周りとのかかわりやめぐりあわせによって、生かされている(それは時間を越えた、先人たちの存在によっても)」という感謝の思いに似た想いに至るようになってきたのだともいえると思います。

先の記事でも触れました拙文「復活篇続編メモ的シナリオ」を改めて読みますと、非常に稚拙な言葉づかい・・などと、多々お恥ずかしいところがありますが・・想いの源は、すでにここにあったように思います。
震災前に、漠としていた想いが、震災後、それもずいぶん経った今ごろになって、ようやくつかめてきたのか、と。
奇しくも、古代が宇宙をさまよっていたのと同じ「3年」という時の流れの中で・・。

明日がよりよきものとなりますように・・
希望を胸に。
earth
関連記事
別窓 | 映像作品(復活篇) | コメント:0 |
<<「2199原画展」特典付入場券発売! | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 今、気になる作品。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |