心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
作品と音楽、ヤマトこそ・・!
子供たちの春休みもあとすこし・・今年のお休みは、難しい年頃になってきましたので、とても長く感じました。
私自身、少し体調も崩してしまいましたし。
子供たちには申し訳ないけれど、程よい距離を保つこともお互いにとって良いことですから、早く学校始まって、それぞれの生活にそれぞれのエネルギーを発散してもらいたいものです(^^;)。
でも、子供たちがいることによって、心身疲れていても活力がわいてくることも多々あり、生かされているのだわ、と感じることもしばしばなのですよね・・自分を見失わず、少しひいて見て、今の私の状況をありがたく思うようにしないと。

昨日は、子供たちと「ごちそうさん」BDを見ました。細かいところを忘れていますから、思いのほか、楽しめました・・とくに、見始めたころにはそれほど音楽を注意深く聴いていませんでしたから、このシーンにこの音楽が使われていたのね、と今になって改めてその効果に感動したり、といろいろ発見もあります。やはり、オリジナルのお話の展開やセリフ回しは、とても楽しめる良作ですね。改めて、ここちよいひとときを過ごせる作品、と感じています。
今放送中の「花子とアン」は、その後、「赤毛のアン」のエピソードがあまりにたくさん盛り込まれているので、若干、抵抗を感じていまして(村岡花子さんがどのような生き方をされたのか、をそのまま知りたい思いもありますので、どこまで本当なのかな、と^^;)、=アンの世界、とはならないでほしいな、という印象。「花子とアン」の程よい距離感を保ってほしいな、と思うこのごろです(もちろん、期待しています^^)。
「ごちそうさん」は、完全オリジナルの世界で、どこか夢物語的な雰囲気もありますが、共感できるリアルな思いがたくさんありましたから、すっかりはいりこむことができました(食べる、食事、家族、絆・・という誰もがわかりやすい共有できる思いがえがかれていたからでしょうね^^)。

さて、昨日たまたまのぞいた本屋さんに「昭和40年男」の最新号が並んでいましたが、裏表紙全面に「YAMATO SOUND ALMANACシリーズCD」広告が掲載されていました!
久しぶりに、雑誌にヤマトが掲載されていまして、とてもうれしかったです^^

長いトンネルを抜けそうな気がしてきました・・

その後、しばらく放って見られなかった私専用のBDデッキには、自動的に予約されていました「宇宙戦艦ヤマト2199」の文字が! もう今週末から放送開始でしたね・・WOWOW、そしてBS11、TOKYO MXにても。WOWOWは無料放送のため第一章のみ見られそうです(苦笑:でもやはり、第一章だけでは中途半端、すべて見たい・・・)。

長い長いトンネルを抜けたら、新しい世界が見えるでしょうか。

夜には、ヤマトクルーさまより、「宇宙戦艦ヤマト完結編MV BD&DVD」予約スタートのお知らせが入っていました。
ヤマトの音楽世界に、また浸ってみたい・・そんな思いがふつふつとわきおこってきました。

あとひといき、もう少し頑張ってみよう。

yamato01
そんなきもちにさせてくれる、ヤマト
やはり感謝^^
関連記事
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
<<2199原画展イベント | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「レゴ(R)ムービー」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |