心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
YAMATO SOUND ALMANAC「完結編 音楽集Part2,3」
先週から子供たちの新生活が始まり、ようやくここ数日になって、親子ともども生活ペースがつかめるようになり、少し趣味的なことに目を向けられるようになってきました(とはいえ、日々何かしらハプニングは起きているのですが^^;)。

昨日、これまで未消化でしたYAMATO SOUND ALMANAC「完結編 音楽集Part2,3」を聴きました^^
ブログ上で語っていました「昭和をめぐる旅」も相変わらず水面下でしておりますが、ひさしぶりに、ヤマト音楽に触れ(こちらも昭和の世界ですが・・)、改めて、そのすばらしさを実感。
奥行きのあるスケール感あふれる音楽世界、そして、心ゆさぶられ心にしみわたる深さ。心の中でかきたてられるもの・・そこから自然と活力がわいてくるのが、ぞくぞくするほど実感をともなって感じられ、私にとってのヤマト音楽の存在価値がいかほどか、改めて感じました。
また、音色のゆたかさ(楽器の音の味わい)も、とても魅力あふれる。

そのように感じられるのには、ヤマト作品とリンクした単なる効果的な演出手段である音楽、という範疇をこえて、ヤマト作品を通してわたしのさまざまなこれまでもよみがえり、ヤマト作品と私とのかかわりも思い起こされるためもあろう。
また、作品の一部としての音楽をこえて、楽曲が独立した音楽世界を構築しているように思われ、音楽だけを楽しめるすばらしさがある。
楽曲についての専門的な音楽知識はありませんが、ヤマト音楽の中でも「極み」に位置づけられると思われる完結編音楽を、まずは久しぶりに聴くことができて、よい再会ができました^^
もうすぐ発売になる、MVシリーズ「完結編」も楽しみです。
koyuki4

そういえば、内容に触れていませんでしたが・・
Part3では、意外にも、これまでにない感覚で楽しめました^^
(もともと、レコードをもっていませんでしたので、あまり
聴きこんでいないアルバム故もあるかもしれませんが)
いきなり復活篇!?と思わせる楽曲(『脅威のニュートリノビーム』)、
次にそういえばこんなのも(『大ヤマト零号』)ありました・・
と思わせてくれた楽曲(『ファイナルヤマト 斗い』)、
しばらくしてまた復活篇『抜けるヤマト』)、その間には、心揺さぶられる
旋律、優しく暖かく包み込まれるようななつかしいヤマト音楽のサウンド。
昭和の時代の音楽と、当時あったにもかかわらず現代再びよみがえった
新たなヤマトの音楽世界も垣間見える、過去と現在を行き来するような錯覚。
古くて新しい感覚におちいる・・そんな楽しみ方もできました。
ああ、やっぱり、ヤマトの音楽が好き
関連記事
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
<<きっとどこかでつながっている | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199原画展特典付入場券>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |