心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「宇宙戦艦ヤマト2199原画展」
池袋へ、満員電車にもまれながら、開場前に到着することができました。
まずは、急ぎ、西武新宿線池袋駅の乗車券売り場へ。
池袋は、日ごろほとんど行ったことがなく、事前に駅構内の地図を頭に入れておいたのですが、いざとなると、方向が全くわからなくなってしまいまして(^^;)、不安だったのですが、たまたま最初に目指した場所にヤマト2199の看板がありましたので、運よく、無事に記念乗車券を購入することができました。

その後、若干の用事を済ませようと移動しましたら、今度は迷ってしまい、少々焦りましたが(^^;)、西武池袋店の別館にたどりつくことができました。
9時半頃には、すでに外に10人ほどの方が並んでいらっしゃいまして、平日の朝にしては多いので驚きました。私もその列に加わりました。

開場10分前に、中の階段から入口の方へ移動、前売り券持参と当日券購入の人に分かれて並び、開場待ち。
ドキドキしました・・久しぶりのことです。
イベント上映時のあのワクワクした気持ちがよみがえってきました^^

そして10時、開場。
まずは、開催のご挨拶を読む。
そして・・

私の住まいの近くには2199原画展チラシもなく、ネットで見るだけでしたので(TVCMを見てわくわくしましたが^^)、実はそれほど期待してはいなかったのです。
これまで実際の原画を目にしましたのは、たしか、10年ほど前のPSゲームの映像の原画がいくつか展示されていましたイベント(記憶が定かではないのですが、山野楽器で行われたイベントかも?)、まだ記憶に新しい吉祥寺での原画展示で見たくらいでしたので。
それが・・
最初の数枚を見ただけで、背筋がゾクゾクしてきました!
心の中がかきたてられるのです。
生のペンや鉛筆のタッチが、そのまま目に飛び込んできます。
キャラの線の勢いややわらかさ、修正した部分のリアルさ。
メカの緻密なデザイン画。
ドキドキしました・・すっかり童心に戻っていました。

入ってすぐには玉盛順一朗氏のヤマトやきりしま、ゆきかぜなどの絵。
そのあといろいろ・・写真を撮れないのがとても残念(パンフレットにもすべてはおさめられていません)。
とくに印象的だったのが・・すべてすばらしいのですが、ふだん私は見慣れていなかったせいか、ガミラスメカの緻密さ(出渕監督、石津泰志氏)、ガミラス星の設定画のこまかさ(小林誠氏)、キャラ原画(前田明寿氏、結城信輝氏。既発売の設定資料集には、キャラの絵がすくなかったと思っていましたので、今回じっくりと見ることができ、とても魅力的で、感動しました^^とくに、パンフレットにはない、第26話の古代とユキのシーン、ラストの地球を眺めるヤマトクルーや古代とユキのツーショットあたりの絵が見られたことは、このうえなく、感激しました^^)。
だんだん記憶が薄れてしまいますので、細かくあげられませんが、どれもすばらしい。
キャラ原画は、アニメのそのままなのですもの!(あたりまえですね・・笑)

そのほか、TVEDイラストの決定稿に至るまでのラフ案(試行錯誤の様子がうかがえます)、メカニックディテールアップ原画の解説、記念乗車券(+付属のポストカード)のイラスト(むらかわみちお氏による生の絵に感動しました^^とても美しい・・)なども、とてもよかったです。
原画以外の展示として、巨大ヤマト(点灯)、プラモデル(ガミラス艦、ヤマト、コスモファルコンなど点灯)も、とても洗練された雰囲気で展示されていて、よかったです・・プラモデルのリアルな存在感には、何ともいえない趣がありました。

とてもみごたえあり、なかなかその場を去ることができず、グッズのお買い物もしつつ、1時間弱滞在しておりました(^^;)。それでも、またもう一度見に行きたい、と思っています^^

グッズは、ネットにUPされているもの以外にもたくさんありまして、あらかじめ予定していたもののほか、キティコラボグッズの目新しいもの(ボールペン、クリアファイル)を購入^^
既発売品でも、ネットで在庫切れになっていたようなものがおかれていたので、人気商品を取りそろえてくれた感がありました^^(沖田帽子、赤帽子、いまはなきイスカンダル饅頭など)
コミック、DVD&BD、サントラCD、主題歌CD(ヤマト・真赤なスカーフ、星が~)、プラモ、書籍類なども。
版画ももちろんありまして、とても美しく見入ってしまいましたが、高額のため・・。
(ご参考までに・・ポストカードは、全8種なのですが、バラバラになっているので、選ぶ時どれをピックアップしたのか確認しにくかったので、事前に把握しておくとすぐに買えると思います。どこかに掲示してもらえると、わかりやすいのでは、と思いました)

2199genga1
最後に入口の写真を撮り、サテライトショップへ(リブロ2階)。

2199genga2
こちらには、既発売品がたくさん、過日の紀伊国屋書店プレミアムショップよりも品数が多いような気がしました。
マグ(古代、ユキ、沖田など・・うれしかったのはイベント限定のヤマトガールズイラスト入りのもの:記念に買いました^^)、クリアファイル第1章から第7章、ヤマトガールズステンレスボトル・紙袋うちわ、ティッシュ、ブランケット、ポストカードセット、Tシャツ(矢印のは青のみ)などなど。

リブロ4階コミック売り場には、ヤマト関連コミックのコーナーあり、一番くじのグッズ展示、コインゲーム機(賞品にはヤマトグッズ)、原画6点展示もあり。

とても満足しました^^
帰りの駅構内には、あちこちに原画展ポスターがありまして、行き同様、うれしい気分で。
なかなか恥ずかしいので写真を撮りづらかったのですが、最後の最後に。
2199genga3

帰宅後、記念乗車券を見ましたら、あまりの豪華なブックレットに驚きました^^(画像と文章、キャラ紹介など9ページ(最後のページは見開きタイプで大きいです))乗車券1000円分にこれだけのものとポストカードもついているので。
2199genga6

2199genga5 2199genga4
↑左は原画展ビアテラスチラシ。右は購入したグッズで、
 今回のポストカードは、宛名書き面の方の一部にもカラー画像が
 印刷されているので、豪華でおしゃれな雰囲気でステキです^^
 キティコラボグッズ、今ごろですが、娘に見せたら「めっちゃかわいい^^」
 と申しておりました(笑)。
 できれば、GWに子供たちを連れていきたいと思いますが、家族の予定次第。

なお、とりいそぎのUP、また今回は記憶によるところの大きい展示品についてのざっくりとした感想ですので、万一間違いがありましたら失礼いたします・・。
kodai19
おかげさまで、きもちUP↑
イベント開催に感謝いたします。
そして、ヤマト、ありがとう^^

私の内なる力をよみがえらせてくれる大切な存在。
まわりの景色もちがって見えてくるくらい・・
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<TOKYO MX「2199 第3話」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「追憶の航海」と「星巡る方舟」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |