心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
想いは心の奥深く・・
しばらく何を書いたらよいのかしら・・とブログ更新が停滞しておりました。
先週末から、実家の処分に事実上動き出し、想いがまとまらなくて・・。
建物は残すことになりましたが、中の物品はこれまで少しずつひきとり整理してきたものの、最終的にはすべて処分しなければなりませんので、業者に委託。取り壊しつつの処分に立ち会うのは、胸が苦しくなりそうなので、今日はお任せしつつ、自宅で引き取り分の整理などをしつつ、あれこれ思いめぐらすばかりの一日でした。

もうこれまで・・と思いながら、行くたびに何かしら持ち帰ってきてしまっていた日々は、もう、今日で確実に終わってしまう。
昨日などは、これまで持ち帰ろうかしら、とボーダーで迷っていたものも、ついにはおいていけず(壊され処分されてしまうに忍びなく・・)、「できるだけのことはした・・」と、私自身の心が納得するのを確認して、すみずみを見届けてまいりました。
「じゃあね・・」と、家の中に呼びかけて、鍵を閉め。

今日になって、実際、そんなに役に立たない、刺繍のクロスやピアノの椅子カバー、カーテンの留め具(布)ひとつふたつ・・など、住んでいたころには当たり前のようにあった、そして亡き後も整理で行くたびに目にしていたものを改めてじっと見ていましたら、これまで持ち帰ってきた思い出の詰まったものよりも、ぐっと胸にくるものがありまして、思わず涙がにじんでしまいました。
「あたりまえの風景にこそ、こころのもっとも深い奥のところに積み重なる想いがあるのだ・・」と、感じた瞬間でした。
これらは、切り上げる最後のときにとっさに思いついて持ち帰ったもの・・理屈抜きで、こころが求めたのかもしれません。
もう、亡き父母の作り上げた住まいは、なくなってしまった・・それは建物という構造物でない、その中の空間に込められた想いとしつらえ。私はそこで育てられた・・改めて、それを実感した。
だからこそ、なんということはない、あのころはなにもかんじていなかった、ささやかなものに心動かされることになったのね。

いろいろなものに囲まれた生活をしつつ、さらにこうしたものも取り込み、使えるものは使い、整理におわれてきましたが、今日の一件で、大切なものの重みづけをどこにおいたらよいのか、少しわかりかけたような気がしました。
すべてを抱え込むことはしょせん無理。これさえあれば、もういい・・という大切ないくつかを、これからの私の人生においてよりどころとし、少し身軽になることも大切かな、と。
いえ、正確には、こころのどこかで、「これからは、少し身軽になってもいいかしら?」という、許しを請うているのかもしれません(残されたものを捨てるに忍びない思いがずっとつきまとっていましたので・・)。ただ、捨ててしまったらそれで終わりですからね、そこで迷いが生じるわけですが(笑)。
ヤマトと全く関係ない話題ですみません・・でも、今の想いを記しておきたくて、独り言。
tere1
関連記事
別窓 | このヤマトブログについて | コメント:0 |
<<「銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~」BD | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2199星巡る方舟」前売り券到着^^>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |