心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~」BD
昨日届きまして、さっそく見ました^^
きもちはもやもやと宙をさまよっていましたが、なぜか、こころひかれるところがありまして、とても久しぶりに「銀河鉄道物語」を見る気になりまして。
2007年劇場公開作品、とありますが、私は全く記憶になく・・そういえば、亡き父が寝たきりになったころでした。
ああ、それだけの月日が経っているのでした、懐かしいはずです。

すでにDVDももっていまして、見ていたはずなのですが、断片的な記憶しかなく、どのように編集し直されているのか、よくわかっておりませんが(^^;)、あのころ、「銀河鉄道物語」を見ながら、「いつかヤマトも最新技術でリメイクなどの新作がつくられたら・・!」と切に願いながら、ヤマトのいろいろなエピソードを思い起こさせてくれる「銀河鉄道物語」からの刺激を楽しんでいました^^
それが、今改めて見ますと、今度は、今ではすでに最新技術による「宇宙戦艦ヤマト2199」がありますから、以前は主たる作品である「銀鉄物語」からヤマトをイメージしていましたが、今は2199を主にとらえて、「いきなりドメル将軍^^(大塚明夫さんがバルジの声)、それに有紀学のヘルメット姿が登場するや2199古代君なぜここに?(笑)」・・などなどと、連想するのが楽しく、不思議な感覚に陥りました。キャラデザインが、かつてのヤマト作品PSゲームのころのヤマトの世界を思い起こさせ、さらに2199世界も加わって、頭の中はやや混乱気味・・そのうえ、懐かしの麻上洋子さんのお声が響き渡りますから(笑)。
テーマや世界観は、ヤマトと異なりますけれど、「銀鉄物語」「銀河鉄道999」は明らかにリンクしていますから、楽しみつつ、いろいろな想いが交錯していきました・・・。

ラストこのような展開だったかしら?と、以前のDVDを見直したくなりました。
今の私の心にフィットしそうな展開で、ゆったりと宇宙空間の旅をする気分を味わいつつ、過去と今を見つめることのできたひとときでした。
earth
関連記事
別窓 | 銀河鉄道物語 | コメント:2 |
<<「宇宙戦艦ヤマト 航海日誌 No.7」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 想いは心の奥深く・・>>
この記事のコメント
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
当ブログの方針により、宣伝の直リンクは公開いたしませんが、興味深いイベントですので、別記事にて書くことにさせていただきました。ご了承くださいませ。
2014-06-08 Sun 15:13 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-06-04 Wed 01:21 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |