心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「宇宙戦艦FILE アニメ編」
たまたま通販サイトでみつけた、まだ発売されて間もない「宇宙戦艦FILE アニメ編」(学研パブリッシング)が昨日届きました。
A6サイズ程度の大きさですので、手軽にながめられる本ですが、何しろまず表紙に大きく「宇宙戦艦ヤマト2199」ヤマトがあり、背表紙の一番上の画像が、2199のキービジュアルですし、冒頭のあいさつの文章にて、かつての作品「宇宙戦艦ヤマト」を大きくとりあげられ、そして、本編では「宇宙戦艦ヤマト2199」という作品の概要や戦艦を掲載(全体構成としてはガンダムも多くページをさかれ、そのほか70年代後期から80年代初期にかけての懐かしの戦艦も^^)。
これまで2199オンリーの設定資料集などは多々目にしてきましたが、今回のこの本、紙質が光沢ではありませんが、オールカラーで画像もクリアで、品よくコンパクトにまとめられているので、とても安心して楽しめるものでした(価格も驚きの税抜き580円!)・・何よりしみじみと感じられたのは、こうした他作品とともに扱われる本において、ヤマト作品群の中の「宇宙戦艦ヤマト2199」が単独でとりあげられていることでした。

ひとつの作品として、大きく注目されて、「今」の作品としてリアルタイムで楽しんでいる感覚に陥ることができるのです・・・そう、子供時代に、さまざまなアニメ誌や資料本に「今を時めく『宇宙戦艦ヤマト』という作品」という位置づけで掲載されていた、あのころ感じていた空気感というものを、今また感じているかのような感覚でした・・。それが、しみじみと感じられて、胸がいっぱいになってしまいました^^
こういう、現在進行形の気分、が好きなのですよね。
うれしいです^^
kodai18
関連記事
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:2 |
<<「ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2014 松本零士 銀河鉄道祭り」>>
この記事のコメント
勘助さま、コメントをいただきましてありがとうございました。
お役に立ちましたら幸いです。
また、ご紹介の本情報、とてもうれしいです^^
貴ブログにはときどきお伺いしているのですが、ちょうど子供の卒入学時期で、たまたま確認がぬけおちてしまっていたようです・・ネット通販チェックも同様に(^^;)。
ありがとうございました。
さっそく私も・・
2014-06-10 Tue 21:15 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
いつも楽しく拝見しています。
またもや書籍情報ありがとうございます!!
早速購入にまいりたいと思います。
ワタクシからは「メカ・ロボットアニメ超まとめ2013-2014」をご紹介、拙ブログにもUPしましたがこちらは2000円で2199は20P程。でもアーヤさまなら既にお持ちかも!?ではでは~
2014-06-10 Tue 20:54 | URL | 勘助 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |