心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「ダイバージェント」
最近、映画の封切りが金曜日にあることが増えて、うれしいです^^
週末は家族がいますから気軽に出にくいですが、平日なら身軽に行けますから。
気になるSF作品が多いこの時期、今日は「ダイバージェント」に飛び込みました。
この作品も、「性格分類」というくらいしか予備知識がない上に、ほとんどノーマークでしたが・・

やはり冒頭から、マニアックな雰囲気が漂う独特の世界観が醸し出されまして、私にとっては「こういう感覚、好き・・」と思わせてくれますし、比較的理解しやすい世界観やお話の展開になっているので、肩の力を抜いて見ることができました(途中からお話が見えてきてしまいましたが^^;)。
でも・・主人公が女性(若い女の子)ですから、きもちも入り込めますし、いろいろな要素が盛り込まれ、こういう展開、好きなのですね・・映画「タイム」を思い出しました(お気に入り^^)。音楽も、主題歌がノリよいですし、若い人がなじみやすく、楽しめる作品では。表面的にはSF作品ですが、青春映画的な要素も多分にあるような気がします(自我の目覚めや自立のテーマが根底に?)。
予告からしますと、ゲーム感覚的なノリなのかと思いましたが、胸に迫るシーンもいくつかちりばめられ、けっこうよかった・・

そのほか、詳細内容は控えますが、もともと人格心理学を専門で勉強したことがありましたら、「性格分類」の視点が興味深いものでした・・また、そのための心身テストがどんなものなのか、も。とくに「恐怖」の映像化にはひきこまれましたね・・血生臭いものによらない恐怖の演出は、ヒッチコック作品を思い出し、うれしくなってしまいました^^
他にもアクションシーンで、「ターミネーター」を思い出したり、なぜか個人的に「タイタニック」を思い起こすシーンも(笑)。
それから、俳優の演技や個性も魅力的でしたね・・主役の女性もキュートさと芯の強さをあわせもつ素敵な女性ですし、男性もステキ(*^^*)、ケイト・ウィンスレットはひさしぶりでうれしい^^そのほか海外ドラマ『NIKITA/ニキータ』マギー・Qも見られて◎

書きだしたらきりがありませんので、この辺で(^^;)。
いろいろな点で、もう一度、最初から見たくなる、お気に入りの1本になりました!
earth
これで終わり?という印象でしたが
(もっと続きを見たい、という意味で^^)、
あとでパンフレット見ましたら、続編
ありそうで、うれしい^^楽しみ♪
テオ・ジェームズは初見かと思いましたら、
海外ドラマ『ダウントン・アビー』出演でしたようで、
あとで確認する楽しみが増えました^^)
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
<<「堺でございます」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | TOKYO MX「2199第14話」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |