心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「軍師官兵衛」
すみません・・ヤマトネタの合間に、他作品の話題ばかりで(^^;)。
ですが、ようやく昨夜、録画してありました「本能寺の変」を見ることができまして、かなりきもちが高揚しております(笑)。
そのまま昨夜放送分まで2話連続でいっき見してしまいました(^^;)。

なぜなのか、偶然なのか・・以前にも書きましたが、官兵衛の羽織のデザインが、宇宙戦艦ヤマト復活篇の古代のコートに似ていまして、いろいろな想いがまざりあって(亡き父に似ているとかいろいろ過日書きましたが^^;)、さらに、本能寺の変、そして中国大返しの山場のエピソードを迎えており、一瞬も目を離すことができませんでした。

俳優の方々の演技も、非常に魅力的でありまして、織田信長の江口洋介さん・・実は当初は、「救命病棟24時」「白い巨塔」の医師役のイメージやかつての「ひとつ屋根の下」の明るい頼りになるお兄さん的なイメージが強く、いずれも人情味のあるキャラで心の温かみを感じていたので、最初は違和感がありました。声のトーンもやや高いですし、私の中の勝手な信長のイメージは、もう少し野性的で荒っぽい印象もありましたから・・ですが、徐々に狂気を感じさせる雰囲気、そして今回の炎の中の姿を見ましたら、ここまで迫力のある演技をされる方だったのか、と、これまでとはまた違った魅力を大いに感じることができまして、また一人、魅力的な信長が生まれた、と思いましたね(個人的には、いつも身に着けられていた、きらびやかで素敵な着物の文様にもひかれていたので、そうした姿も似合うすてきな方だと思っていました^^)。
信長の描かれ方(映像表現として)にも興味深いところがいくつかありまして、濃姫と背中を合わせて立ち回るシーンでは、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの映画「Mr.&Mrs.スミス」にあるシーンを思い出してしまいましたし(笑)、また、信長の最期のシーンの衝撃的な描かれ方などには、最近の映画やドラマの影響を受けているのかしら・・と感じられました。若い世代の方をも意識した映像のつくりになっているのかしら、なんて感じました(個人的な印象ですが、アクションシーンなどのカットやアングルに、緩急とりまぜて迫力を増す演出が感じられましたので^^)。

信長、といえば、次は秀吉。竹中直人さんは、本当に演技がすばらしい・・はまり役です。これまでの演技もすばらしいのですが、信長の死を知ったときのものは、思わず息をのみ、見つめてしまいました。これから先の展開も、非常に楽しみです。

そして、官兵衛の岡田准一さん・・かねてからブログに書いていましたが、近年注目してきました^^ 今回の鬼気迫る演技、それまでの青年期からの変化をみせてきた最近の演技は助走だったのか?と思わせるほどに、極まる演技でありました・・目つき鋭くけわしい表情はこれまでもありましたが、そこに、人間のもう一つの影の側面をあらわにするきわどさを感じさせる表情は見事でありました^^(秀吉に迫るシーンは、これまで見たいくつかの他作品において感じたような、人間を悪へ導くささやきのように感じられるほどの凄みを感じました)
2話連続でじっくりと見ていましたら、官兵衛を軸とした、人と人の駆け引き(どこまで信じられるか信じさせられるか、の技の妙)にぐいぐいと引き込まれていきまして、一瞬も目が離せませんでした。これまでよく見ていない回もあり、また、まだ全話を見たわけではないので、勝手な推測でもありますが、このドラマの魅力は、そこにあるのかな、と、垣間見られた感がありました・・戦乱の世で戦いのシーンが多々登場しますが、実戦だけでない、人間対人間のこころのさぐりあいやかけひき、信頼と裏切りの応戦?・・この先、どこまで描かれていくのかしら(人間の心の奥底にあるものについて)、ととても興味深くなりました。すべてを見終わったとき、どのような官兵衛像が浮かび上がってくるのか、とても楽しみです。

すべてBD化し保存していますので、近々、穴埋め視聴して、このドラマの世界を存分に味わってみたいと思います^^
kodai14
復活篇古代の心の奥には「正義や愛」という
「野心」とはかけ離れたものがあると思いますが
(ユキへの罪の意識は感じているのかしら?・・そのあたりが、
唯一、彼のダークな部分かも?:笑)、官兵衛を見ると
なぜか思い出してしまいます・・
(もともと人は、二律背反の心を有していると思いますが、
私は基本的には性善説を信じたいと思っています・・が、
今はダークな部分が注目される作品が多いですね・・
その方がいろいろなドラマが描けますし、よりリアルな人物像と
なるからなのでしょうね)
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
<<更新、近況と2199関連など | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2199追憶の航海」ED水樹奈々さん!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |