心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「STAND BY ME ドラえもん」
旅行後通常生活に戻りたくないのか、子供たちはもやもや気分で再びささいなことからいざこざがたびたび生じる日々となり、私まで気が滅入ってしまっていましたが、チケットをとってありましたので、映画「ドラえもん」(2D)を見に行ってきました。
子供たちは当初お子様向け、とそれほど乗り気ではなかったのですが(数年前までみていたくせに:笑)、私が「山崎貴監督の3DCGだから、2Dで見た予告も映像がとても素晴らしかったから・・」と、誘っていきました。

見終わってすぐ、息子は「けっこうよかった」と、気に入っていました。
私も、冒頭からずっと目を離すことができないくらいひきこまれ、映像のすばらしさとお話もよく考えられ、こころに迫る作品でした。
通常アニメのキャラクターと同じようなデザインで(リアルな存在感がすばらしい:髪の毛や肌の表現、ドラえもんには思わず触れたくなります^^)、声優さんも同じ、原作で読んだことのあるエピソードも盛り込まれていますから、懐かしさも感じ、それでいて、今回ならではのお話も用意されており(?ドラえもん全エピソードを知っているわけではないので、おそらく)、のびたとドラえもんの細やかな気持ちの変化ややりとりが描かれ、とてもよかったです。他のキャラクターも生き生きとしていましたし。

見る前の消沈した思いが、懐かしい土管のある空地の風景や「三丁目の夕日」を思い起こさせてくれるような川のある土手の風景、夕焼け空・・そんな映像と、温かみのあるお話に、いつの間にか癒され、とけていくようでした・・・(その数年後には進化したテクノロジーだらけの超未来空間に変化している生活や姿は、突飛な感じもしましたが(笑:お子さまにはわかりやすい描写なのでしょう)、私も、子供のころ抱いていたドラえもんのいる未来の姿はあのような超未来空間でしたから、違和感なく受け入れてしまいました(^^;))。

新しさと懐かしさが共存する、大人が見ても心温まる、こころにしみるシーンもある、よい作品でした。
3Dでしたらもっと素晴らしい映像を堪能できたかもしれませんが、2Dでも、見てよかったです。
flower1
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:2 |
<<「トランスフォーマー/ロストエイジ」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2199主題歌集」CD>>
この記事のコメント
おかざきさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
私の最初の感想に書きました内容は、想像の域で書いたものでしたが、その後、パンフレットを読みましたら、やはり、「あのころ描いていた未来の姿」を意識して制作されていらした、とわかりました。
おかざきさまも同様にとらえられていましたこと、まちがいはありませんでした。

こうなりますと、今回の「ドラえもん」は、ますます、あのころを知る、私たち世代へのプレゼントに思えてきます^^(山崎貴監督と同い年ですし^^)
早くご覧になれるとよいですね。
2014-08-18 Mon 00:06 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
アーヤさま、ご無沙汰しとります。

おかざきです。

このドラえもんは期待してます。早く観たいですね。
ドラえもんは昭和時代のままの平成時代なのかも
知れませんね。そしてのび太くん青年期はあの時
代に学年誌の巻頭に掲載されていた未来の日本
なのかも知れませんね。
実際には木造住宅が多数残り四角のコンクリビル
が都心にある平成時代でチューブカーやエアカー
の類はありませんし月面都市、火星都市、スペース
コロニーはまだ未来の話ですが…。

映像の世界はあの時代に夢観たあるべき日本を
再現出来ます。
ああ早く劇場で観たいなあ。
2014-08-15 Fri 18:52 | URL | おかざきみつまさ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |