心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「トランスフォーマー/ロストエイジ」
その映像の迫力と、お話のフィット感にひきつけられて、これまでの作品も結局すべて見続けてきた「トランスフォーマー」
その最新作を、今日、家族と見ました。

これまでの作品の中で、初めて3Dで見たのですが、ものすごい迫力とクリアな映像、一瞬も目が離せないほどの引き込まれる魅力とスピーディな展開に、ただただ見入るばかりでした。
単なるアクション映画ではなく、お話もきちんと描かれ、登場人物たちの個性もわかりやすく魅力的に描かれていますし、父と娘や仲間の助け合い、などの関わりようにも引き込まれて、心に迫るシーンもたびたび。
とても楽しめ、よい作品でした。
息子も、とても楽しかった、とのこと。
私は、ところどころ、少々ヤマト(『ヤマトよ永遠に』『さらば宇宙戦艦ヤマト』)を思い出すようなシーンがありまして、実写だったらこんなふうなのかしら、と思ったり。
あまりに映像の展開が速かったので、見逃しているところもありますから、もう一度じっくり見てみたいくらいです。
earth
武士の姿をしたキャラのセリフを
聞いていると、安心感を覚えました・・
武士道精神が心のどこかで共鳴していたのかも、
やはり日本人ですね。
あとで知ったのですが、原語でしたら
渡辺謙さんのお声らしく・・吹き替えで見たので
少々残念(でも、3Dでは字幕もきついですし、
声優さんのお声にもすっかりなじんでいるので、
吹き替えのよさもあります^^)。
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
<<「千葉県少年少女オーケストラとアキラさんの大発見コンサート2014」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「STAND BY ME ドラえもん」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |