心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ピアノへの想い
宮川彬良さんのピアノを見て聴いて、こころの中の何かが変わった気がしていました。
それ以前から、どこかでピアノを追い求めていたような兆しはありまして・・時々弾いてみたり、子供のころ使っていた楽譜を買って、再び弾いてみたり。
そして、先日のコンサートのあと、これまでのコンサートのCDを聴いたり、今回のコンサートのTV放送を見ていましたら、またとたんに、無性に、ピアノが弾きたくなってきたのでした^^

今度は、かつてあこがれていたショパンのCDばかり聴いているのです^^
少し前は、子供時代のころに弾いていた楽曲を求めていたのですが、少し変わってきたようです。
それは、宮川彬良さんが目の前で「英雄」を弾いてくださったことも、とてもおおきなきっかけになっています。
(娘もその後、『英雄』が好き、ともうしておりまして^^)

そんな思いを抱えながら、今日はとても久しぶりに一人で銀ブラ・・と優雅な雰囲気ではなく(^^;)、あくまでも、楽譜探しが第一目的でもあり、まずは銀座山野楽器に^^
とても不可能で無理なことはわかっているのですが、私の心にずっと気になって残っていますのが、子供のころの発表会で弾いた楽曲を思い出したい、できればその時の楽譜をまた見たい、ということ。2曲のうちあとの方は記憶にしっかりと残っているので、すでに入手済みですが、さきの方は全く記憶にないので、無理だと思っています・・が、最近、たまたま楽譜をながめているときに、すっかり忘れていました練習時の楽譜と遭遇して、その楽譜で練習していた記憶がよみがえった、ということがあり、その楽譜を即購入、懐かしい楽曲をまた弾いてみることができまして、このめぐりあわせに感謝したものでした^^
そんな奇跡的なことがまたあるのでは、と思い、機会あるたびに、楽譜コーナーを立ち寄ることが、最近増えました。

もちろん、今日もそんなめぐりあわせはなかったのですが、その代わり、かつて夢に描いたショパンの楽譜を購入。
チャレンジするなら今しかない、と思えましたので^^
とてもおそれおおいですが、一音でもいい、ほんの一小節でもいいから弾いてみたい、という思いにかられたのでした。
心の底からくる想いにまさるものはなく、こうした時が私にとってのチャンスでありめぐりあわせのとき。
少しは弾けるようになって、娘にも聞かせてみたいきもちも心のどこかにあるのかな。
人生の節目を迎えた今、残りの人生、あらたな夢に向かってチャレンジするのもいいかな、と。
私なりのテーマをもった生き方をしたい、と、やっと実感をともなって、感じるようになってきました^^

そして、あとはおまけ^^(でもかなりこれも不思議なめぐり合わせ♪)
たまたま楽譜を見ていましたときに、スタッフに電話の問い合わせがあり、声が聞こえてきましたが、なんと「宇宙戦艦ヤマト」楽譜の問い合わせのようでした。「確かにお取り寄せしておきます」というスタッフの方の声。
おどろきました!
ヤマトが、今なお、リアルタイムで認知されている、と感じられ、うれしくなりました^^

さらにそして・・地下一階のDVD&BDコーナーにまいりましたら・・以前からヤマト商品は充実しているのを知っていましたが、今回は、「永遠に」MVシリーズが大きく宣伝表示されていまして、またまたうれしく^^ MVシリーズはそろっていましたし、ヤマト2199も全巻陳列されていました。

もともと、まったくちがった動機から訪れた場所で、こうしためぐりあわせにあり、とてもうれしく、元気をもらえました^^
感謝。
ヤマト
関連記事
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
<<「100年の音楽」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | いろいろ注目作品、私の好みの原点?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |