心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「ルパン三世」
久々の快作か。
どのような作品になっているのか、すぐにでも知りたくて見に行きたかったのですが、家族全員で見ることとなり、今日、見に行きました。

冒頭のシーンは、「カリオストロの城」の冒頭の建物と似たような印象を受けたものの、そのあとの「ミッションインポッシブル」を思い起こさせるような黒木メイサさんらのシーンがあり、またアクションシーンの迫力がすごいので、最初はルパン作品の雰囲気とは少し違う世界かな、と感じました。
しかし、ルパン登場のあたりから気づいたのですが、細かく映像をカットしては重ねていく独特な映像で(人物もUPが多く表情をとらえやすく)、アニメのようなスピーディかつテンポのよい展開が繰り広げられていくのをみていますと・・ああ、ルパン作品の世界の雰囲気が、けっこううまく表現されている、とも感じられるようになりました。

アニメのキャラクターがすでに出来上がって世の中に浸透している中でのプレッシャーも想像を超えるほどであったかと思われますが、俳優さんたちの演技は、アニメに近づこうと力が入り込みすぎているわけでもなく、かといって、アニメからほど遠い世界となっていたり、妙なごてごてとしたコスプレ大会のようでもなく、実に自然な雰囲気で演じられているので、その「アニメとのほどよい距離感」と「映像の雰囲気」がうまくアニメのルパン作品の世界を思い起こさせてくれたような気がしました。

また、音楽も実によい効果を生み出していると感じました。全くアニメとは異なるようですが、それでいて、アニメのルパン作品の雰囲気をあらわしているようで、心地よいステキな曲です。アニメと違っていたからこそ、別のひとつの作品として、切り離して楽しめたのだと思います^^

また、ルパン作品の雰囲気を上手に描かれているな、と思われるのは、アニメに登場するお決まりの小道具やシーンやセリフがちりばめられているためもあるでしょう。ルパンの「あ~ら・ら・ら・ら・ら・・」とか「ルパン参上」のメモなど、銭形警部のカップラーメンのシーン、埼玉県警のパトカー、最近の作品では問題視されてしまうこともありました喫煙シーン(ルパンや次元はタバコを吸うシーンがたくさんありますから・・実写作品でこうしたシーンを見るのはとても久しぶりの感じでしたので、新鮮な思いで見ることができました^^)などなど。
ルパンがボクシングをしていたり(アニメでは一撃で敵を倒すほど腕力があったかしら?と思うこともありましたが、その裏付けためこのシーンがあるのかしら、なんて)、五右エ門がお団子好きだったり・・というあたりは、アニメでもそうだったのか、よくわかりませんが、ルパンの語り口調の雰囲気(山田康雄さんを意識されていると思われますが)、軽妙な身のこなし、次元や五右エ門のアクションシーンのかっこよさ、など、決めのポイントがおさえられているので、キャラクターに対する違和感もさほど感じずに楽しめたようです。
アクションシーンなどで細かいカット映像を重ねていく表現がとても効果的に感じられた、と書きましたが、その合間に入れられる人物たちの表情も、うまく照明をあてられたり、アングルの効果も計算しつくされているような印象を受けました。アニメの雰囲気に近くなるような、ルパンや次元や五右エ門が見られて、楽しめました^^
ファッションセンスもよかったです^^ルパンの赤ジャケットはTVではパート2ですが、アクティブで明るい印象になるので、私の好みでした。不二子の衣装もステキでしたし。次元や五右エ門はアニメと違和感なく、さまになっていましたし、銭形もタイや香港の暑いところで大変そうでしたが、やはりあのコートでないと(笑)。
スタイリッシュな映像が多く、かっこよく、楽しめるのですが、時折織り交ぜられるユーモアにもほっとさせられます。うまい構成ですね・・・といいますか、それがルパン作品らしい雰囲気につながっているのですが。

最初は、小栗旬さんにはとてもがんばっている・・という印象、黒木メイサさんには実写版ヤマトのユキを引きずって見てしま(^^;)い、なかなか不二子に見えなくて・・綾野剛さんには、硬派な雰囲気の中のお茶目さが五右エ門をうまく表されアクションとてもさまになっている・・という印象、次元の役の方は、あまり知らない方だったのですが、それが逆に先入観をもたずに見られ、実は主要メンバーの中で一番役柄らしさ(次元らしさ)を自然に漂わせられているような印象(個人的に一番すてきだったかと^^)でしたが、終盤に向かい、そうした細かいことはあまり気にならなくなっていきました。それぞれが自然に生き生きと存在するので、見終わったときには、アニメとは違う別のひとつの作品として、楽しめていました^^

また、全体的なお話の構成も、そろそろ銭形登場?おそらくラストはこんな形?などと、ルパン作品の世界のツボを押さえられた展開や役回り等が定まっており、安心して見ることのできた要因のひとつでもあろうかと思います。

この作品独自のシーンと思われますが、屋上の会食シーンが、けっこう気に入りました^^(仲間とのひととき、ルパン作品の世界の緩急の『緩』にあたる、いい雰囲気のシーンだったと思いました)
また、エンドクレジットも凝っていて、よい雰囲気でした^^

私はヤマトほどにアニメのルパン作品の世界を詳しく知らないので、アバウトにしかとらえられていないのかもしれませんが、以上、ざっと感想を並べてみました。
(最後に、若干違和感を感じた点をいくつか●銭形とルパンの長い会話シーン。銭形が長々と語るシーンというのはあまり見たことがないので●また、全体的な印象として、ルパンには、どこか軽妙にすり抜けていく面白さに魅力があるのですが(罠やトラップのすりり抜けや、トリックの妙など)、リアルに絶体絶命の状況下におかれることがあまりないので、あまりにリアルすぎるとやや違和感あり●不二子はファーストに近く、ミステリアスでどちらにつくのかわかりにくい・・などの大人向けのお話の展開であるのはとても面白かったのですが、お話がやや複雑すぎる印象もありました)。

いずれにしましても、家族皆で楽しめた作品はめずらしいですから、見てよかったです(とくに息子と娘が楽しんでいました^^)。
洋画の「ミッションインポッシブル」ばりのアクションや「007」のようなアクション活劇と男女のかけひきもみられるノリのある(ユーモアも適度にあり;『インディージョーンズ』の雰囲気もあるかも(不二子のシーン):笑)日本の作品は、あまり目にしたことがなかったかと思いますので、エンターテインメント作品として定着するとよいですね(注:あとで確認しましたら海外スタッフの多い作品でしたので、やはりこれまでと違ったセンスを感じた作品だったようです・・)。

製作秘話など、どのように作られてきたのか、非常に興味あり、また追っていろいろ調べてみようと思います^^
アニメでたしか「ファーストコンタクト」というエピソードがあったかと思いますので、もう一度見直してみたくなりました。TVシリーズパート1あたりも。
そうそう・・余談ですが、敵のあの方、どこかで聞き覚えのある声、もしや…と思いましたら、やはり、2199沖田艦長(菅生隆之さん)でした!
washi1
ルパンというと、なぜか、こうした風景を
思い出します・・
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
<<ハリウッド実写化情報! | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「宇宙戦艦ヤマト航海日誌 vol.8」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |