心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
TOKYO MX「2199第23話」
久しぶりに第23話を見ました。
今朝は、さきの記事のように「復活篇」に想いめぐっていたところでしたが、やはり、2199は2199で、とくにこの第23話を見ていましたら、現在における新たなヤマトの世界を堪能した気分に^^ とくに、古代とユキがそれぞれに精いっぱいの使命を果たそうとする姿勢(古代の結果はどうであれ(『俺は、結局・・!』のセリフのとおり)、そのプロセスを評価するようにしましょう^^;)から再会するに至り、ラストの青いイスカンダルの姿は、やはり感動的。
音楽「虚空の邂逅」が、とても心にしみます・・

あと3話でおわりなのですね。
イベント上映時の第七章に突入しましたが、EDは第六章ED曲「R.I.P~友よ静かに眠れ~」・・戦い終わって、のEDとして、余韻を味わうのに、なかなかよいですわ^^

麻宮騎亜氏のイラストもとてもいいですね。
2199公式サイトが本日更新されましたが、麻宮騎亜氏のイラストポストカードセットになって発売、とか。
原画展に行けない私は買うことができないのかしら。通販でいつか取り扱ってほしいですね。

この2199が、「追憶の航海」として、どのように編集され、仕上げられたのか、本当に楽しみです。
2199genga1
これは池袋での原画展での写真。
凱旋イベントとして、いつかまた
開催してほしいですね。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<「100年の音楽」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「復活篇劇場公開版」への想い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |