心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の2199関連情報
いよいよ今日は、「2199追憶の航海」前夜祭
明日は、上映初日を迎えます。実感がわかないような、ドキドキするような複雑な気持ち・・
昨日(もう日付が変わってしまいましたので、『今日の・・』のタイトルですが正確に表示)の2199関連情報としては、

●グッズ画像が、グルービーでは先日来、ヤマトクルーサイトでは昨日より、UPされました。

2199公式サイトにて一昨夜UPされたと思われます「1分で分かる『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』」を、先ほどようやく見ました。
ナレーションについて、の話題でしたが、小野大輔さんのナレーションを映像とともに少し聴くことができまして、とてもよかったです! 「俺は・・」のことばに、少々ドキドキ^^ ああ・・そういうふうに話すのね、と(笑)。
「古代進case study」「セリフ集」をまとめる際、どのような言葉遣いがよいのかしら、と考えていましたが、「僕」と(別館『書庫』オリストでは『俺』にかわってきましたが^^;)。パート1の古代君は、「僕」的雰囲気でしたからね・・
今回、2199の古代君の方が、もう少し優等生タイプの印象ですが、「俺」というのは、今の時代の雰囲気に合わせて、なのかしら。

確認のためにも、急に聴きたくなり、今、数年前に手に入れたオールナイトニッポンラジオドラマ「宇宙戦艦ヤマト」(一部分)を聴いています^^とても懐かしい・・子供のころに一度聞いたきりで忘れていたものが、数年前に聴いていっきによみがえり、胸が震えました。今もまた聴いても同じような感覚に陥ります(以前にも書きましたが、この完璧版がCD化されたらうれしいのですが・・)。
話がそれましたが、ここでは、古代君は「僕」と言ってはじまりましたが、途中から「俺」になっています・・また時間のある時に、ゆっくり確認してみたくなりました^^

2199「追憶の航海」の古代のナレーション、とても楽しみです^^
これにより、作品の印象もかなり変わってくるでしょうから。
今日はいい夢見られそうです・・おやすみなさい^^
kodai1
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<今日の映画館 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「シャーロック」「蜩の記」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |