心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の映画館~「2199追憶の航海」初日(ネタバレなし)
本日は、「2199追憶の航海」上映初日、丸の内ピカデリー2で見てきました^^
以下、簡単ですが、レポートです。

7:35 有楽町マリオン1階到着、すでに20人ほど並んでいらっしゃいました。
     9階への移動は7:45予定。

7:45 案内があり、9階へエレベーターで移動。
     劇場限定版BD購入者はピカデリー1の入口から入り、並んで待ちます。
     チケット発券必要な方は、可能でしたので、発券後、列に加わっていらっしゃいました。
     別に、その他のグッズ売り場が設定されていましたが、まずはおおよそ皆さん、
     こちらの列に並ばれていたようです。

8:00 劇場限定版BD発売開始。
     購入後いったん外に出まして、その他のグッズ売り場に並ばれる方もいらっしゃしました。
     私は、昨日のうちに新宿ピカデリーで購入していましたので、並ばずに、1/100ヤマト
     丸の内ピカデリー2の入り口の様子などを撮影^^
2199kou2 2199kou3

その後、開場まで再び待ちます。
その間、私は付近のカフェで待機。ころあいを見計らって、9階に上がってみますと・・

8:45 先ほどより増え、かなりの人でごった返しています^^
     活気がありまして、うれしい。

8:50 開場が9時ごろ、と聞いていましたが、少し早めに入場開始。
     さっそく、中に入りまして、壁に掲げられている「星巡る方舟」ポスターを撮影し、
     新チラシをいただきました^^
2199kou4 2199kou5
今回のビジュアルは、キャラクター中心ですから、さらにあれこれと想像がめぐりますね・・
どのようなお話になるのか、楽しみです^^(・・と思いましたら、裏に、けっこうあらすじが^^;
途中で読むのをやめました・・もう少し、今は『追憶の航海』の世界にひたりたいと思いますので^^)

あとは、席に座り、上映開始を待つだけとなり、ドキドキ。
いろいろな映画予告も、今はもう、右から左へ抜けていきます(笑)。
いよいよスタート。
冒頭11分は見ていますので、すこしは気持ちを落ち着けて見られるのですが・・

ネタバレにならないよう、本編内容については、ここまでで、UP控えます。

本編上映後、「星巡る方舟」新予告篇が流れました。大スクリーンで見ますと、迫力あり、わくわくしました^^(昨夜の記事に、妄想モードで『火星』と書いてしまいましたが、『赤い地球』でしたか・・失礼しました^^;)
上映終了しますと、拍手が起きていました。

その後、念願の舞台挨拶を見ることができました^^
菅生隆之さん、井上喜久子さん、加戸誉夫監督森田繁さん、森下悠里さん・・どの方のお話も、貴重な内容で、楽しいひとときを過ごせました。ありがとうございました!(個人的には、今回の編集の際の切り口のコンセプトやエピソードをもっと突っ込んで聞きたいと思いましたが^^)
お話の後に、ヤマトガールズも登場され、いろいろな宣伝もかねて、一般の私たちに写真を撮るチャンスを下さいました。携帯かスマホで、という限定的なものでしたので、私は携帯で。
貴重な体験をありがとうございました。

舞台挨拶の後に、ゼーリックによる「追憶の航海」BD&DVDCMがありました。会場内、声をあげて笑っていらっしゃる方がいらっしゃいました。

実は今日は、2199イベント上映を、初めて、2回続けて見る贅沢な一日を過ごすことができまして・・上記は、1回目の流れでした。
2回目は、舞台挨拶が先で、そのあとに上映。

----

舞台挨拶につきましては、公式や一般の方のツィッターなどで、すでに情報が流れているかもしれませんが、1回目は、上映後でしたので、具体的なお話にも少し触れられ、ヤマトガールズの写真撮影可という体験ができましたが、2回目は、上映前でしたので、あまり具体的なお話になりませんでしたが、その代わり、といいますか、井上喜久子さんが、スターシャのドレスを着られた森下悠里さんの口パクに「私はスターシャ」と声をあてられる、という想定外のお楽しみも見せてくださって楽しかったです^^ヤマトガールズの写真撮影は、マスコミの方がされていましたが、登壇者の方々も含めた撮影風景も見ることができまして、2回目もまた、貴重なひとときを味わうことができました^^

本編についてですが、実は、とても書きたいことがあります。
まだほかの方のコメントなどは見ないようにしていまして、いつものごとく、まずは私自身の初見の感想を大事にしたいので、少し頭と気持ちの整理をしてから、と思っています。
ネタバレない範囲で表現すれば・・
「2時間11分、楽しませていただきました! 
2199の映像を見たのは久しぶりでしたが、やはり大スクリーンで見ますと、とても迫力あり、魅力的ですし、アクションシーンはかっこいい。見せ場を次々と魅せてくれる、見ごたえ十分の展開。
セリフやシーンを細かく切り、編集されているきめ細かさを感じました^^ そういう点や新規ナレーションが入ったことによって、お話の展開がわかりやすくなったと思いますし、以前は若干唐突に思われたセリフのいくつかが、自然に受けとめられるように、私の中に入ってくる感覚を覚えました。
わかりやすさ、という点では、テロップもしっかり入っている、と思われました(TV放送版では入っていましたが、劇場上映版は全く入っていなかったと思いますので)。
音が後方遠くから聞こえるようなサラウンド効果も感じられるシーンがありまして、立体感がありましたね。
音、といえば、効果音が、これまでの映像では入っていなかったところに入っていたり、音楽も以前と違う音楽になっていた箇所がある、と感じられました(まだ未確認ですので、定かではありませんが、舞台挨拶でもどことは言われませんでしたが触れられていた話題ですので、確かかも^^)。
ただ・・初見で感じた『極めて強い想い』がありまして、これはネタバレになってしまうのでこの場には書けませんが、2回目に見ましたら、それはこういう意図(テーマ性、コンセプト)からこういう展開や編集にされたのかな、と浮かび上がってくるものを感じました。それが合っているのかわかりませんが、初見で見た『!?』という感覚は、徐々にその思いつきによって、解消されていくような気もしましたが、完全には消えていません・・私自身が気持ちを収めようと、自浄作用のように補完しているのかもしれません(^^;いずれにせよ、具体的な感想を、いつかやはり、サイト『古代進case study』にまとめてみたくなりました。いつになるかわかりませんけれど・・)。
あくまで初見、2回目視聴からの想いですので、何度も見ると、また変わってくるかもしれません。
いずれにしましても、あらためて重ねて書きますが、今回のイベント上映は、待ちに待ったうれしいものでしたし、約2時間、作品を楽しませていただき、舞台挨拶の念願もかないまして、とても感謝しております。」

以上、ついつい長文になり、失礼しました。
最後に、昨日UPできませんでしたグッズの数々の写真を・・。
しばらく、パンフレット劇場限定版BDで余韻を楽しみたいと思います^^
2199kou1  
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:2 |
<<山あり谷あり | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 今日の2199関連情報、「星巡る方舟」予告篇>>
この記事のコメント
ふうこさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
無事に舞台挨拶付上映を楽しむことができて、よかったですね!
私が丸の内ピカデリーで午後の回を見る直前に、私の前の方の数人が、午後の舞台挨拶だけを見てから(午後は上映が後なので)、抜けて横浜に直行する、と話されているのが耳に入りまして、最初何の話かわらかなかったのですが、徐々に理解できるようになり(笑)、スゴイナ・・!と思っていたところでした。どうやら、横浜では上映の後に舞台挨拶だったようですから、席は確保されていて、そこに途中から入ろうとされていたようです。舞台挨拶のかけもち、とは、驚きました!
私などは、ずっとその場に滞在していただけですから(笑)。

横浜、私も好きな街です^^これまでも何度か遊びに行っています・・素敵なところですよね。映画とともにウィンドウショッピングもできて、楽しそうでうらやましいです^^

鑑賞直後の夜は、いろいろと気持ちが混乱しつつも舞い上がっていまして、もちろんヤマトの映画を大スクリーンで見ることができたことは、とてもうれしいことで楽しかったのですが、時間がたつにつれ、あれこれ思いはじめますと・・先にUPした本日の記事のような心理状態に陥っております(^^;)。
楽しく悩めるよう・・ふうこさまを見習わなくちゃ^^
ありがとうございました。
2014-10-14 Tue 22:28 | URL | アーヤ #WzzJX4NY[ 内容変更]
こんにちは。無事に鑑賞できておめでとうございます♪私も、行って来ました。横浜の舞台挨拶付き。
アーヤさんと同じく、舞台挨拶付きは初めてだったのでうれしかった!午前中に東京で舞台挨拶をみて、午後、横浜に移動してきたお客さんも沢山いた模様。二回ご覧になったアーヤさんもスゴイ!ですが、皆さん本当にすごいですね。
ブルーレイ購入目的で朝は8時半に現地に行ったのですが、全く並ばずに買えてしまいました。8時20分に一回目の上映があったようなので、混雑がおさまった頃だったのかもしれませんが。
午後の上映までウィンドウショッピングを楽しみました。横浜の街は錨のマークがそこかしこにあってそれもまた楽しいですよ♪
12月の上映まで、どうしてこういう構成だったんだろうと楽しく悩もうと思います。
2014-10-12 Sun 17:22 | URL | ふうこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |