心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
今日の映画館
「2199追憶の航海」舞台挨拶付上映は、前から5番目くらいでしたので、作品は見上げるように、かなり変形した状態で見ることになってしまっていましたので(音も偏りがあったかと)、また、イベント上映といえば、やはり新宿ピカデリー。一度は見たいと思っていましたので、今日、行ってまいりました。

ロビーの様子は前回と変わらず、売店は、やはり品切れのものもややありましたが、それにしては、まだまだいろいろおかれていました。
朝いちであるにもかかわらず、けっこう多くの方が映画をご覧になっていました。2週目になりますと、小さなスペース、上映回数も減ってしまい、時間帯が限られると難しい場合も出てきますので、スクリーン1の今日、見ることに^^

以前のイベント上映のときによく座っていた席に、今日も座りました。
舞台挨拶付上映は、今までと違う映画館でしたし、妙に気が高ぶっていましたから、やはり、慣れた場所で、しかもおちついて静かにゆとりある中で、「ふつうの映画作品同様に、いろいろな映画の予告編にはじまり、作品にのぞむ」というのも、とても感慨深いものがありました。
好みの場所からですので、スクリーンもほどよい位置で、リラックスして見ることができました。

近日、初日の感想をUPしようと思っていますが、今日はまた、そういういろいろな想いも生じましたけれども、それとは別に、やはり大スクリーンでヤマトを見ることができるうれしさとしあわせなきもちで、「あれこれ思っていたものはおいておいて・・」と、甘い気持ちになって、ただただ、大きな宇宙空間とヤマトの世界に身をおいて、音楽に包まれ、浸ってしまう私もいました。
見始める直前まで、感想の下書きチェックをしまして、現在の想いを確認し、のぞみましたので、気になる点も再チェックしつつも、いつのまにか、これまでのヤマトと今のヤマトと、私自身のこれまでと今、を思い返しつつ、楽しんでしまうのですね。

いろいろ思うこともありますが、どれも、よりよき方向に向かってほしい、という思いからくるものと思っています。
見終わって、「よし、これからBD映像特典絵コンテ集をじっくり見よう」という気持ちが高まってきました。
下書きを終えるまで、お預けでしたので(笑)、明日にも時間を見つけて楽しみたいと思います^^
2199kou7
↑本日のスクリーン1入口にて
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<更新 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「ルパン三世」新TVアニメシリーズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |