心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「2199追憶の航海」劇場限定版BD(ネタバレなし)
先ほど、「『2199追憶の航海』劇場限定版BD」の本編と、オーディオコメンタリー以外の特典映像を見終えたところです。
内容には触れませんが、簡単な感想をぜひとも書きたくなりました・・

●本編
ヘッドフォンをして再生しますと、「音の響き方がまるで違う・・!クリアな立体的な広がりと、音のきれいさ」と、まずびっくりしてしまいました・・・映画館では、「なんとなく立体的なふくらみを感じる、とか、効果音が少し遠くにあるような感じ」くらいで、そこまではっきりと、音を認識できませんでしたから。
ヤマト艦内のシーンでは、私もヤマトの中にいるような臨場感を感じ、戦闘シーンでの効果音や音楽にも同様の臨場感を感じまして、音を楽しめることが、この「2199追憶の航海」の魅力になるのではないかしら、と。
特製ブックレットを読み、作品に対する理解が深まりました(私だったらこうしてみたい、という構成上の想いは相変わらず残っていますが^^;)。とても強い意志と情熱が感じられ、うれしくなりました。
サイト感想をUPしたばかりですが、また後半の取りまとめの際には、こうした後日感じるようになりましたことにも最後の方では触れておきたいと思っています。
もっと、「2199追憶の航海」の世界を読み解き、ひも解いてみたい・・というきもちになってきました。

CM集
TVで流れていたものが収められ、ありがたいものです。内容について触れたいのですが、またいつか。

たっぷりヤマトークナイト特別編
これまで参加できませんでしたので、興味ありました。
見てみましたら、内容も濃く、とても面白かったです! これまで行われたすべてのヤマトークDVD&BDを発売してほしい、と改めて思いましたね。

地球組織解説、ヤマトメカニック解説、大ガミラス帝星組織解説
これは、実はあまり期待していなかったのですが(よくあるデータ集のような味気ない雰囲気か、と)、とてもよくて、驚きました!このノリで、とある人の視点で2199世界を語ってほしい・・と、切に思いました。

オーディオコメンタリー
これまでのDVD&BDの特典にありましたオーディオコメンタリーに比べて、ずいぶん長いですから、今日はもう無理。
いつか聴けるときを楽しみにしています^^ スタートは、ものすごく楽しそうな雰囲気でしたから。

いよいよ今日、また舞台挨拶付上映を見ることができるので、感謝。
BDからの刺激を受けまして、本編に対する感想もかわってくるかしら・・そんな私自身の中の変化の有無にも、注目したいです。
earth
ED曲「BLUE」、ようやく今日、最初から最後まで、
しっかりと聴くことができました。旋律、歌詞ともに
ステキな曲です・・が(以下、サイト『古代進case study』
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 イベント上映に
寄せる想い』
参照)。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<「2199追憶の航海」舞台挨拶付上映 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2199豪華本」「小説『星巡る方舟』」予約受付スタート!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |