心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
交錯する想い、その果てに
いろいろ思うところありまして・・

今朝は、いきなり朝刊(毎日新聞)の3面にわたり、キャプテンハーロック、星野鉄郎、メーテルの巨大広告が目に入り、こころの奥底にかきたてられる想い。今日は文化の日でしたが、「まんがの日」としても制定された、という広告。手塚治虫氏の誕生日でもあり、松本零士さんのこれらキャラクター入りの広告が展開されていました。
朝から、とてもうれしくなりました^^

その巨大広告を記念にファイルしておきたくて、押し入れから大きめのクリアファイルを久しぶりに取り出しまして、これまで収集してきた新聞やポスター類もながめますと、いろいろな想いがめぐります。
一番直近では、2199巨大折込広告(朝日新聞、読売新聞)や地上波初放送時の新聞TV欄など、「復活篇」のころのイベント時の配布資料や、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のころ亡母がとりおいてくれていた朝日新聞広告(巨大な木村拓哉さんの写真入り^^)、そして、中学時代に美術の時間に描いたポスターや風景画、自画像など、さらに高校時代に描いたヤマトのポスター・・これは文化祭のためのクラブの宣伝ポスターでしたが、ヤマトの絵を描いたのでした^^(それをスキャナしたものと画像処理したものを、現在、サイト当ブログにUPしています^^)
家族も興味あるようで、一緒に見ながら、あれこれ話すひとときをもてました。
ヤマト

これから、今までと少し違う生活をしていかなければならなくなりました。
それによってやや不便なこと、制限されてしまう生活場面が生じてしまうため、これからいろいろやってみたい、と思っていた時期にありましたので、消沈しております・・・が、それが現実であることを受けとめなければなりません。私に起こるいろいろなことは、やはり、どうしたって、親から受け継がれるものもありますものね・・でも、それが、「ああ、やはり私は大きな時の流れのうねりの中のこの時、この場所に存在しているのだな」という実感にもつながりまして、かえってアイデンティティを感じることができるのは、うれしいことのような気もします。
次に思うことは、「私の後につながっていくものの存在を大切にしたい」ということです。
私の知りえてきたこと、経験してきたこと・・ちょっとした工夫から、生活の知恵、人とのかかわりにおいて大切なこと・・などなど、子供たちに伝えたいことは多々あります。もちろん、私が感銘を受けたもの、感動したもの、好きなこと・・そういうものまでも、伝えたい、と思うのですね。

この2週間ほどで、物のとらえ方が大きく変わりつつあるような気がしています。
でもその中でも、今朝からであったいくつかのことを思いますと、やはり私の中にある大切なものは、変わらずに存在していることを改めて感じました。
目は大切ですので、できるだけよい状態を保つように、優先課題として努めてまいりたいと思います(さいわい、悪いものではなく、老化の一種であるものですが、気をつけなければならないものですので・・できるだけ、ヤマトを追いかけていたいですからね^^)。
少し更新ペースが落ちるかもしれませんが、サイトブログも大切な世界ですので、今のところ、継続予定でおります(2199『追憶の航海』の後半の感想も、またとりまとめつつあります)。今後の方向性については、徐々に考えてみたいと思っています。
かつてのヤマト作品に対するヤマト2199のように、これまでとは違った、でもこれまでをどこか踏襲するような、新たな形態や方向性が見えるとうれしいのですが^^
yuki9
関連記事
別窓 | 「古代進」サイトについて | コメント:0 |
<<プラモデルコンテスト | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | SONGS「中島みゆき」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |