心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「日経エンタテインメント!2014.12」
「進撃の巨人」が表紙で、単独特集記事もありますが・・「漫画→アニメ→映画 メガヒットの新戦略」という特集では、「マンガ実写化90年史」において、「SPACE BATTLESHIPヤマト」が画像入りで掲載。「SFアニメの実写化で最大のヒット」「成功例」などのことばで紹介されていて、うれしい^^
「国民的アニメの新展開」のパートでは、「宇宙戦艦ヤマト2199」「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」「宇宙戦艦ヤマト 星巡る方舟」が大きくとりあげられ、とても頼もしい^^ 

2199がただのリメイク作品として一過性の盛り上がりに終わらず、多くの作品が生まれる中での、可能性に満ちたチャレンジ性のある作品として、数年にわたって人々の記憶にとどまりつつある作品となっているようで、こうした特集においても取り上げられていることは、うれしいことです(もちろん、関係スタッフの方々のご尽力(制作からメディア戦略に至る広範な活動)によるところも大きいと思いますが・・真に人々の心に根付きはじめていたら、とてもうれしい)。

昨日、「今日の映画館」として書きたかったのですが・・すまいから少し離れた1週間上映中の映画館の様子を見に行きましたら、一日1回上映(夜遅くなので子供を連れていけない、と書いたもの)にもかかわらず、売店のヤマトグッズは、他作品よりもけっこう場所をとられて、麻宮騎亜氏のポストカードセット、クリアファイル全種、マグ3種(ドメル、メルダ、デスラー)、「追憶の航海」クリアファイルセット、ゴルフマーカー、メダル・・と、思いのほかたくさんの品ぞろえをされていたので、うれしかったです^^

雑誌から話がそれてしまいましたが・・今月末あたりにも、いくつか書籍雑誌の発売が控えていますから、期待しています。
そうそう・・むらかわみちおコミック第6巻は、12/26発売予定とのこと・・アマゾンさまで偶然発見しました。楽しみ^^
kodai18
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2199) | コメント:0 |
<<2199とプラモデルとヤマダ電機 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | プラモデルコンテスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |