心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
6月半ばからのもろもろ~④過去への旅
昨日UPしました記事の冒頭からこれまでの文章において、すでに触れていますが、当時はそれほど意識していませんでした。
昨日、ここ数週間を思い返すに、なかなか次へ踏み出せなかったのは、もろもろのできごとをとおして、過去と今を行き来する旅をしていたからだったのでは・・と感じるようになりました。
それを如実に感じることとなったきっかけは、先週末に突然舞い込んだ訃報だったようです。

私が長年過ごし、今はもうない実家のお隣の、亡き母もよく知っていたお方。
亡き父母と同じ葬儀場でした。
訪れるのは、父母の法事以来のことでしたので、構えてしまっていましたが、行きましたら、それとこれとは切り離して、とても自然に受け入れられる私がいました。
それだけ、時間がたって、亡き父母のことはそれとしてとらえられるようになっていたのですね。
知人の葬儀として、自然体でのぞめまして、滞りなくすみ、心残りなく、おちつくことができました。

この日の経験が、私の中で、これまでよりもさらに大きな一歩を踏み出すきっかけになったのだと思いました。
炊飯器の不調から、もろもろ想いがめぐっていましたが、またひとつ、過去ときちんと向き合える距離感を保てていることを認識できて、その想いを次のステップに生かせるような気がしてきました。
私の中の変化が、よい方向に向かっているのだ、と思えました。

そして、昨日、ようやく「宇宙戦艦ヤマト航海日誌 vol.14」を手にすることができました。
ひとつひとつの想いを納得しながら、ようやく、今、私は、2202の新たなステージに足を踏み入れることができたのです。
flower1
関連記事
別窓 | 『邂逅』 | コメント:0 |
<<「宇宙戦艦ヤマト 航海日誌 vol.14」感想(ネタバレなし) | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 6月半ばからのもろもろ~③今のうちに他作品を>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |