心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「宇宙戦艦ヤマト 航海日誌 vol.14」感想(ネタバレなし)
昨日の朝、ようやく開封しました。
目に飛び込んだ表紙には圧倒されました!
いろいろな想いがわきおこりますね・・いっき読みしたかったのですが、朝はわずかな時間しかなかったので、パラパラとざっと見ましたら、興味深い記事が多々あり、すてきなイラストもあり、熱いヤマトファンの方々の文章もあり・・と、なかなか閉じられませんでした(笑)。
やはり、踏み込みますと、もう、きもちがおさえられくなり、なんとなく、落ち着きませんね・・
そんな状態ですので、帰宅後は隙間の時間に少しずつ、読み進めていきました。

表紙の絵だけでもいろいろなことが読みとれそうな気がしました。
この状況や設定で、描かれるのかしら、と。これはまさに、あの作品のこの場面でしょう・・と。

設定資料の絵を見ていますと、さらにあれこれ想像してしまいます。自分で勝手に色をつけて、自由に動かしてみたくなりますし、そこにキャラを立たせてみたくなります^^

PURODUCERSPEAKS羽原信義監督インタビュー記事は、じっくりと読みまして、胸が熱くなりました^^現状を垣間見ることができましたし、とくに後者においては、同世代感覚でヤマト作品への想いに共感する部分も多々あり、「ヤマト2202」への期待がとても高まりました^^(以前から期待していますが、ますます!)楽しみです!

見開きイラストは、とてもすてきです。
軽やかで明るく、すてきです^^色使いによるせいかポップな印象も(作品イメージは全く異なりますが『おそ松さん』を思い出しました^^)。

ぷちキャラ漫画は、とても楽しめました^^(この制服デザインもなかなかよいのではないか、と、個人的には^^)

ヤマト御宝回顧録は、タイムリーな話題で、私もあの年の夏から秋のことを思い出し、とてもよかったです。
kodai18yuki10
これまで、ネット情報を絶っていましたので、
徐々にまたチェックしようと思います^^
関連記事
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
<<2202ティザーグッズ到着^^ | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 6月半ばからのもろもろ~④過去への旅>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |