心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
ファミリー劇場2199劇場上映版一挙放送終了
ついさきほど、第七章(BD/DVD版)が終了しました。
朝から見ることはできませんでしたが、途中で、ところどころ映像を流し見ることはでき、第七章はすべて。第七章では、子供たちもちょうどいたので、劇場上映版と異なるところなど解説してあげました(笑)。
やはり、リアルタイムで放送されている、と実感できるのは、ほんとうにうれしいことですね^^

今回は録画できましたが、ハード知識不足からか、映像が左右圧縮されてしまいまして(^^;)、鑑賞には耐えられないものとなってしまいましたが、確認用としてでも、板に保存できることができるのは、さいわいでした。
いつか劇場上映版BDが発売されますように、と、かすかな望みであっても、抱き続けていようと思います。
2199全体をざっと流し見ましたが、細かいところは多々忘れていまして、どのシーンも懐かしく、つい見入ってしまいましたし、この作品世界におけるテーマや話の展開を改めて見返していましたら、さきのような「かすかな望み」であってもあきらめずにいたい、と希望や勇気を抱かせてくれるような作品であった、と改めて感じられました。

また、ひさしぶりに古代とユキの姿を見ましたら、すてきですが、やや幼くかわいらしい、といった印象^^
2202では、旧作のイメージに近くなるとのこと、また3年後ですから、少し大人びた感じになるのかしら・・と、今からわくわくしてきます。また、今回2199を見ながらも、間には「星巡る方舟」のエピソードがあったのよね・・と織り交ぜて楽しめられ、バーガーやバーレン、桐生美影や沢村翔が少しでも見えると、あれこれ思い出しますし、以前とは違った視点で作品世界を深く楽しめました^^
2202がスタートすれば、そんな楽しみも、さらに増すことでしょうね。
期待しています^^
yuki10
最後に2202特報映像が流れるかと
思いましたが、流れず、残念でした!
関連記事
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
<<「DVD&ブルーレイでーた 2016.10」 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2199劇場上映版一挙放送!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |