心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202に寄せる想い
昨年末に慌ただしかったためもあると思いますが、2202公開向けのさまざまなイベント企画や商品展開には、今のところ、2199と同様の傾向がみられるのかな・・と、やや距離をおいて見守っている状況です。
つまり、ヤマトークはやはり夜遅くに開催されますし、フィギュアは、やはり大人の男性向けのデザインが中心のようですし、あまり本格的なメカに深く入り込まずにキャラに魅力を感じるくらいの女性や低年齢層のファンには、なかなか参加したり購入したい、とまでは思えない、ややハードルの高さを感じていました。
またずっとこのような方針でいかれるのかな、と思うと、どうにも2202へ気持ちが前向きになっていなかったころもありました。
秋の終わり頃は体調もあまりよくなかったためもあると思うのですが・・。

もう少し気楽に買える文房具などの商品展開があるとうれしいですね。
フィギュアにしても、2199のころから、どうして古代進は発売されないのか、とても不思議でした。若い男性フィギュアでは、沢村は発売されたのだったかしらね(記憶があいまいですが^^;)。
2202公開に向けてのいろいろな企画に参加したいと思いますが、なかなか入る隙間が見つからず・・当面は、やはりかつての作品を見たり、音楽を聴いたり、書籍類を見返すことくらいしかできないかしら、と思うこのごろ。

なお、かねてより「公式発表された情報のみ取りあげていきたい」というブログ方針は変わりませんので、ここではあいまいな情報を扱うことはできるだけ避けてまいりたいと思います。
完成上映会を楽しみにしています^^
2202ci11
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<年始のおわりに、覚悟にも似た | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | あけましておめでとうございます>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |