心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「2202第一章完成披露上映会」レポート2~第一部
司会の松澤千晶さんにより、2202作品紹介、スタッフ紹介(観客席にいらっしゃる西崎氏も紹介)。
羽原信義さん、福井晴敏さんが登場。
お二人ともアンダーアーマーのおそろいのTシャツ姿で^^
羽原さん「2199からの引継ぎで、重圧」
福井さん「まだ入り口ですから、ようやく一歩を刻めた。出し惜しみゼロからスタートです」

その後、鈴村健一さん、神田沙也加さん登場。
神田さんは、テレサのイメージにあわせて、ふんわりと透け感のあるブルーのドレスですてきです^^
鈴村さん、この場で初めて神田さんにお会いする、とのことでとても緊張されていたご様子。
羽原監督がテレサの声をどなたにするか悩んでいたところ、音響監督の吉田さんから、神田さんを勧められ、すぐにOKしてくださった、とのこと。

●作品について
鈴村さん「めっちゃおもしろかった、これぞヤマト。とくに1話
神田さん「すごい臨場感、面白くて何回も見た」
福井さん「あまり期待しない方が(見た後でがっくりきすぎなくて)いい、といわれるが、期待に応えられる(といえるものになった)」
羽原さん「温かい目で見ていただければ」

神田さん、テレサのように横を向いて手を合わせ、セリフになぞらえて、ヒット祈願してくれました^^

●突然、平野ノラさん登場
ユキの制服のスカート版デザイン姿で、バブリーヤマトとか、いろいろなネタ(拾い切れませんでした^^;笑)。
福井さんが、「(みなさん)昔からの(ヤマト)ファンなので、言動気をつけてください」との言葉に、会場笑^^
楽しい雰囲気に包まれました(私は時々TVで見かけていましたので、そこそこ楽しめました^^以前の2199完成披露上映会で(第七章でしたか?)お笑い芸人の方がこられたときには、かなりショックでしたが^^;あのときは、本編上映後でしたので、余韻に浸れず、すっかりぶち壊されてしまいましたもので・・今回は、本編上映前でしたこともあって、よかったのかもしれません^^)。

●第一部最後にご挨拶(羽原さん、福井さんは上映後もトークあり)
鈴村さん(すみません、メモしきれず^^;)
神田さん「大スクリーンで見るのは、うらやましいです、満喫してください」
羽原さん「たくさんの人の想いが詰まった作品です、おもしろかったらまわりに勧めてください」
福井さん(平野ノラさんについて語られていました)
2202ci24
↑当日配布されたチラシなど

(注)第一部はニコ生で配信されましたので、
そちらで詳細確認できた方が多いと思います。
私のメモで一部表現の異なる部分があると
思いますが、どうぞご了承くださいませ。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<「2202第一章完成披露上映会」レポート3~第二部 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2202第一章完成披露上映会」レポート1~聖地巡礼?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |