心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「2202第一章完成披露上映会」レポート4~第三部
ネタバレにならない範囲で、羽原さんと福井さんのお話を・・
お二人が登場されてすぐに、いきなり初見の映像が流れまして・・とてもグッとくるセリフや映像が凝縮されている・・本編を見終わってから見ると、いろいろとよみがえってきまして、実によい映像でした(あとで帰宅して確認しましたら、新たなPVだったのですね・・ですが、先の記事にとり急ぎ書きましたように、けっこうネタバレ要素も多いのでは?と思うくらいです^^;)
そのあと、ED曲に定まる経緯(西崎氏のご尽力あり)、メカ3DCG、キャラに対する思い入れなどのお話がありました。

羽原さんは、復活篇のころにはたしかBD特典映像などで、最近ではヤマトリビアにご出演で、お話されているのをうかがえまして、そのお人柄がにじみ出てくるような温かみある方、と思っていましたが、今回も、いろいろとお話しされる中で、本当に、謙虚で温かみのある方だな・・と、監督をしていただく方がこういう方でよかった、と感じました^^

福井さんは、初めてお話されるお姿を拝見しましたが、お話がとても面白いですね・・なんと申しますか、少し自虐的な表現の中に感じる毒っぽさが(と表現してよいものか、失礼がありましたら申し訳ありません)、皆にも共感できるものが多くて、会場にウケて笑いが生じてしましたし、面白い方だな、と思いました^^ こんな方に脚本を書いていただくならば、やはりきっと面白いドラマが生まれるはず、と思いましたね・・物事を深くとらえて、ご自身なりの表現によって、皆さんに共感しうるメッセージを伝えられそうで^^ よりいっそう、2202の展開がたのしみになりました^^

このお二人を中心に生み出される2202世界にとても期待しています!

--------

自宅に帰りますと、2202公式サイトにかなりのネタバレ公開されていることに驚き、ツィッターもチェック・・となかなか寝つけませんでした。
公開初日にも舞台挨拶があるのですね・・しかし、この日は、子供の学校行事の予定があり、残念。小野大輔さんと桑島法子さんのお話も聞きたかったです・・なにもなければ初日に行ってみたいと思っていたのですが。

まだまだ、パンフレットがどんなものかも楽しみですし、行ける範囲で何度か劇場に見にいきたい、と思っています^^
これまで、きもちが消沈していたこともあったのですが、おとといの夜から力と希望の光をもらえたようなきもちになり、日ごろ不調でしたのにおとといは朝から晩まで歩き回り立ち続け(笑)、我ながらこれだけのパワーがまだ残っていたのね・・と、驚きつつ実感しておりました。

それもこれも、ヤマトのおかげです^^
ヤマト2202を制作してくださっているスタッフの方々、みなさまに、ただただ感謝するばかりです^^
どうぞ、お体に気をつけて、頑張ってください!
応援していますし、これからの展開もとても期待しています!!
2202ci22
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<2202掲載雑誌 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2202第一章完成披露上映会」レポート3~第二部>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |