心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
山あり谷あり
そこで、今朝は、計画通りに進めていた・・
子供のお弁当作りのために、朝早くからおきていましたが、そんなに早くに出発はできない。
息子はお休みでしたが、「思うように行って来たら」と言ってくれまして、でもお昼までには戻る約束で、7時過ぎに家を飛び出した。
ツィッターで、ヤマト新聞確保、のコメントを見ていたので、いてもたってもいられず(^^;)。

住まいの近くのセブンイレブンに車で乗り付けるも、姿なし。
あとは駅付近の知っているコンビニに飛び込もう!・・と、行きつけのローソンは運悪く改装中、少し歩くセブンイレブンにも姿なし、さらにもう少し歩くがそのセブンイレブンにも全く姿はなかった。
どれも、なんとなく、微妙に、新聞ストックのかごに空いているところがある・・そこにヤマト新聞はあったのだろうか??悔しさとむなしさと悲しみが混在(^^;)。
あとはもう、もともと行くつもりであるのだから、新宿ピカデリーへ行くしかない!と、再び駅に戻り、駅構内のデイリーヤマザキの店頭もチェックしたが、先の新聞ストック同様の状態。
何度も、携帯でネットチェックし、「上映映画館」の文字を確認し、本日販売されることを確認した。

久し振りの通勤電車は立ち通しであるが、ヤマトのためならば・・と、はげみに。
よりによって、大幅な遅延が生じてしまい、新宿ピカデリーに9:10頃到着^^

ヤマトポスターが展示されていることは事前にチェック済みでしたから、それらを横目に、まずは、売店に飛び込んだ。
ロビーや売店は、とにかく、ほとんど人がいなくて、静まり返っていた。
少し、嫌な予感がした。
おのずと声が小さくなってしまう・・「今日発売のヤマト新聞は・・?」と聞くと、最初の店員さんはあまりよくわからないようで、別の方が来られて、「ネットでは今日から販売となっていますが、なにもいわれていません。明日から販売、となります」と言われてしまいました。

それ以上、言葉が出ませんでしたね・・・あまりのショックで。
大人げない行動もとりたくなかったので、なぜ情報が誤って公開されているのか、きちんと確認したいきもちもあったのですが、ここまでようやくたどりついて、楽しみに来たところでの事態でしたので、身体の力が抜けてしまいましたし・・・。

明日は来れないのよね・・だから今日来たのですが、と言いたかった。

そのあと、ソファーのあたりの壁に飾られている2202ポスター(古代ユキヤマトのビジュアル)をカメラに収め、巨大広告も撮影、チラシをチェック(9:15ころ0枚)、下に降りて、階段わきのポスターをカメラに収めました^^
一番上には、3枚2202が並べてありまして、2種のポスターデザインとその間にさらばオマージュデザインポスター。階段の下から上に向かって、2199第一章から第七章ポスターが順に掲示されています・・つまり、下から2199→2202へと向かうように^^

ぼーっとしてしまっていたのでしょうか・・カメラに収めた後、2202ポスターに近づこうとしたとき、足を踏み外して転んでしまいました(^^;)お恥ずかしいところを周りの方にはお見せしてしまいました(ほとんどいらっしゃいませんでしたが:笑)。とっさに思ったのは、たたきつけてしまった両足のむこうずねよりも、カメラは大丈夫かしら!?ということでした(笑)。せっかくここまで撮りに来たのに、壊れてしまっては涙、ですから・・。まず、カメラの電源オンしてしまいました(笑)!

後になってじわじわと痛みも増しましたが、肝心のヤマトも撮らねば^^と、ひとりでいろいろな角度から撮影^^
今日は、青いライトが艦橋や展望室に光っていましたから、じっとながめて、その中にいたとしたら・・などと、想像をめぐらせましたね・・静かな空間で、ひとりながめることができたのは、しあわせなことだったと思います^^
完成披露上映会のロビーにもありました、記念写真用ボードもそばに置かれていました。

どっと疲れと痛みも出てきてしまい、帰りの電車では力が抜けてしまいましたが、たまたま乗り換えが大手町駅でしたので、ふと掲示を見ますと産経新聞社が目に入り、思い立って、行ってみましたが、とくに売店や展示などある様子はなく、やむなくそのビルの地下のファミリーマートへ行ってみましたが、やはり、ヤマト新聞はありませんでした。
他の大手町森ビル内のファミリーマートは新聞すらおかれていませんでしたね・・完全に、突き放された感じ(^^;)。

通販も迷いましたが、やはり、自分の手足でつかみとりたい、という想いが、新聞については大きかったのですね。
ヤマトクルーさまでも販売されるようですから、もう少し様子を見て、検討しようとは思いますが、ただどうしても・・誤った情報が流れていることには、疑問とくやしさが生じています。ですから、まだ、すぐに通販で購入しよう、と、決断がつかない想いに陥っているのですね。
2202ci25
今日の写真は、また改めて。

(追記2017/02/24/16:25)
今日の14:30頃に、2202公式サイト物販情報がようやくUPされているのを確認しましたが、今改めて見ますと、ヤマト新聞「*2/24発行(上映劇場/ヤマトクルーを除く)」と記載されていますね(『NEWS』にありますキービジュアルの公式情報には修正入っていませんが)。
正確な情報をもっと早くのせてほしかったですね。
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<物販情報 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | おさえきれぬ想い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |