心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202第一章 劇場限定版BD特典「シナリオ集」「絵コンテ集」
本当はもう2か月近く前に手にしていたのに、今ごろ読んでいる次第で、恐れ入ります(^^;)。

いや、でも、やはり、年度初めの慌ただしいころでなく、今ごろに読みはじめることにしてよかったです・・AR台本は、かなり本編映像に近いものでありましたが(映像とセリフのタイミングや展開のしかたを思い起こしつつ、確認でき、楽しめるよさがありましたが)、こちらのシナリオは、冒頭からして、ずいぶんと異なるシーンがありまして、読みはじめるや、どきどきわくわくしてきてしまい、止まらなくなりそうなので(笑)、子供がもうすぐ帰宅、世話もあるため、一時中断してあとでじっくりと読みたい、と思うほどでしたので。

ただ、残念なのは、第一話だけなのですね・・(今ごろすみません^^;)。
絵コンテ集第一話のみ、というのがとても残念。
全話読んでみたい、と、とてもかきたてられるような想いがわきおこってしまいました^^
2202ci22
読み終えたら、この下に、「追記」の形で
感想を書こうと思います^^

(追記2017/05/31/07:50)
【シナリオ集】
●冒頭から具体的な星の名、人物名が複数登場し、本編映像では読みとれなかった奥の設定を感じとることができたように思います(『感じとる』と書きましたのは、その設定が最終的に決定稿であるのかわからないため・・本編映像においてテロップにて表示されているわけではないので)。
作品世界のより深い部分に入ることができたようで、楽しめました^^
●ところどころ、本編にはないシーンがありますが、こちらも最終的には本編にないわけですから、水面下のドラマとして真にあるのか、単なる想像部分として思いめぐらす楽しみにとどめる方がよいのか、微妙な想いもしますが(AR台本=本編映像、を正ととらえるべきなのでしょうね)、もちろん、あれこれ考えつつ、楽しめました^^
●終盤は、古代ファンとしては古代主導の展開を見てみたい気もしました・・以前にも書きましたが、本編映像でも裁判の内容は映像のみで具体的なやり取りがふせられているので、古代がどのような状況におかれているのか知りたいのですけれど、今後の展開のための素材として、あえてあいまいにされているのかな、と思ったり^^
第1話だけでなく、全話のこうしたシナリオ集を読んでみたくなりました^^

【絵コンテ集】
昨日ようやく読みました(^^;)。時間ゆとりのある時にじっくりとながめたくて^^
本編映像、AR台本、シナリオ集、そして、最新記事にUPしましたアマゾン限定版特典CD、の順に、2202の世界や特典を楽しんできましたが、シナリオ集の文字だけのイメージが、絵コンテ集を見ながら、徐々にビジュアル化されていくさま(文字、イメージと映像の融合)のほんの一部でしょうけれども、少しでも味わい、作業過程を共有できたようなきもちがして、うれしかったです^^
文字だけよりも、やはり、ビジュアル的によりイメージも広がり(映像よりも線画の方が、あれこれ想像をめぐらす自由度も高く^^)、絵コンテ見ながら、ハラハラドキドキと想いもわき立ちました^^
これから先の展開も、実に楽しみです^^
2202ci101
2202第二章発進篇最速先行上映会
チケット発送メールが昨日ありました^^
本日中には届くかしら・・どの席かドキドキ。
もう、1週間前なのですね^^
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<沢田研二 50周年記念LIVE 2017~2018 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 「2202第一章」AR台本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |