心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202第二章「発進篇」最速先行上映会レポート 2
以下は、2202第二章「発進篇」本編についてのささやかな感想です。
ネタバレなし、を心掛けましたが、シャットアウトされたい方は、閲覧ご注意ください。

----------

OP映像がすてきで、見入ってしまいました。
 第一章BDにあるOPのサウンドと同じだと思いますが、映像に気をとられて、耳を傾けることができず(^^;)。

●冒頭からいきなり、第一章にはみられなかった方々が登場し、とてもひきこまれました^^

第一章にも感じていましたが、いろいろなシーンがテンポよく切り替わったり、かわりながら他のセリフが重なってきたり・・と、ドラマティックに構成されている印象を、今回も受けました^^

第一章ではまだ明らかにされていなかった要素がいろいろとはいってくるので(今後もずっとかかわりうる存在)、今後どのように扱われいくのか、展開するのか興味深い点が多々あります。

●全体的に、政治色が強い印象を受けました。それが、かつての作品におけるあいまいな部分の説明や具体的な描写につながっている(?)と思われますが、今後の展開を見守りたいと思います(あまり政治の専門知識はないのですが、リアルな偏りが生じないようであってほしい、とは感じました^^)

●具体的に書きたいのですが・・ネタバレにつながるといけませんので・・あるいくつかの場面のシーンにおけるダークな雰囲気(映像における)が、シリアスな過酷な状況の描写やキャラの心情表現に、より効果的になされているようで、ひきこまれ、これまでのヤマト作品にはない感じが、私には魅力的に映りました^^

●場面展開の早いとあるあたりは、まださっきの場面に浸っているのに・・という気分陥ってしまいました(^^;)。次に続く、また重要な場面をじっくり見たいのに、という感じで(笑)、あっというまに展開されてしまったので、「何度も見ないと!再生を止めながらゆっくり味わってみたい!」と思えてしまいました^^

「さらば」「2」では具体的に描かれなかったシーンや流れを見ることができ、見ごたえあり、よかったです^^

ヤマトを今まで見たことのないようないろいろな角度から見ることができ、新鮮な想いがし、艦内シーンでは、久しぶりなので懐かしさも感じました^^

●とあるシーンのいくつかでは、「さらば」(の方が私には完璧インプットされているので^^;)の流れを踏襲されつつ、2202ならではの部分が加味されているので、たまりませんでした!(まさに、『ゾクゾクした』感覚を実感し、我ながら驚きました!)
 ほかにも、いろいろなものやキャラ・・など(以下控えます^^;)。

「さらば」「2」以外のヤマト作品・・私の勝手な思い込みかもしれませんが、「永遠に」のとあるシーンが思い起こされるシーンがいくつか、音楽も「永遠に」「復活篇」(?)「星巡る方舟」でしたかうろ覚えの感じですが、どこかで・・という部分が、散見されたように感じました。
何度か見て確認しないと、断言できませんが。

●初めて聴いた、と感じたサウンドが一か所ありましたが、果たして新曲でしょうか??
 映像のすごさに圧倒されて、音楽を聴き逃したところがほかにもあるかもしれませんが。

●宇宙空間の戦闘シーンやさまざまなスペクタクルシーン、アクションシーンなど、とても迫力あり、圧倒されました^^
 とくに、「あれ」を最新技術映像で見ることができるとは思っていませんでした・・リアルですごい迫力(最近、あるのかな、と予想はつきましたが)

●メカにはあまりくわしくありませんが、初めて登場するメカ、すてきでかっこいい印象でした^^(はっきり見定めていないので、全体像がうろ覚えなのですが^^;)

●キャラについて触れていませんでした(^^;ネタバレになりそうなので)。
 すべてのキャラがとても魅力的ですてきである、と断言したいですね。ネタバレになるので、誰とは言えませんが、とくに、あの方、この方・・などなど。

●古代とユキは、メモの手も止まるほど・・見逃したくない、と、思えるほど(笑)。
 ユキとのシーン以外でも、古代は、かなり大人っぽく、かっこよくなりました^^ 2199のころとは違って、最初から最後まで、主人公らしさが感じられ、動き、セリフ、表情・・どれをとってもすてきです!
サイト「古代進 case study」は終えてしまいましたが、運営していたころの視点からしますと、まさに今、古代の心情を追って、あれこれと思いめぐらせたい、というきもちがわきおこっています^^(今日もずっと2202第二章の世界が頭にちらついてはあれこれ思いめぐらせてしまいまして、他のことになかなか集中できないくらいです^^)

●ED曲「月の鏡」の前奏が始まると、その音の響きに、とてもモダンでのびやかな印象を受けました。そしてはじまる神田沙也加さんのお声もまた、のびのびとした透明感ある印象ですから、楽曲全体が、ヤマトの世界に新たな風と光(なぜか、テレサの輝かしさがイメージされるのかしら??)が感じられるかのようでした。
テロップに「テレサ(神田沙也加)」とあり、ドキリとしましたね・・ヤマト作品ではこうした表記は初めてのことですから。そういう意味でも、新たな空気を吹き込んでくれたような気がしました^^
ED映像は、劇場上映版ですから、BDでは見られず・・何度か通って記憶にとどめることにするしかないですね(デジタルセル版購入される方は問題ないと思いますが)。

●次回予告なし、が少々残念でした。
 EDのあと予告を期待していたのと、本編の最後の展開にややきもちが放心状態でしたこともあったせいか、会場に自然とわきおこりました拍手にタイミングよく合わせられませんでした・・が、拍手が起きたのはうれしかったですね。

------------

以上、簡単に書くつもりが、けっこう長くなってしまいました(^^;)。
ネタバレありの感想を書くとしたら、いったいどれだけになるでしょうか(笑)・・早く、イベント上映がはじまってほしいです。
まだまだ何度も大スクリーンで見てみたいですから、3週間上映は、本当に、うれしいです^^
2202ci205
ネタバレあり感想は、また上映スタート後の様子見て
「ヤマトに寄せる想い」カテゴリにてUPしたい、と
思います^^
初見の感想ですから、鑑賞回数を重ねるごとに
微妙に変化していく可能性もありえますが、
そのときにおけるきもちを記しておきたいので^^

まだ2202公式サイトPV見ていませんので、
明日ゆっくり見たいと思います^^/
関連記事
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
<<2202第二章「月の鏡PV」感想 | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2202第二章「発進篇」最速先行上映会レポート 1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |