心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「2202第二章『発進篇』に寄せる想い」(最速先行上映会) 1(ネタバレあり)
2202第二章が上映スタートしまして、二週間がたとうとしています。
上映終了となる劇場もあるころ、徐々にネタバレコメントも出現しはじめまして(2202公式サイト『愛の宣伝会議⑥』にも^^)、私もそろそろ・・以下は、2017/06/11/10:51に下書き保存していた文章です^^
初見感想であり、その後何度か見るうちに確認できたこと、新たな発見や感じ方の変化、なども生じていますが、当時の想いを記しておきたく、とりまとめました。
拙文ですが、何らかのご参考になれば幸いです。

========

4,5月は諸々あり、2202第二章へ向けて、あっというまにときがたってしまったようでした・・とはいえ、いつものことをおもえば、事前情報も適度に入れ、またはシャットアウトしつつ、できるだけ自然体でのぞみたい、ということからしたら、ちょうどよかったのかもしれません^^
最速先行上映会の数日前に、集中的にネットチェックをし、きもちがいっきにもりあがりましたし^^
以下、内容に触れる感想ですので、未見の方はご注意ください。
(なお、セリフ等は私がメモしたもので、正確性に欠けますので、ご理解くださいますように)

-----------

沈黙の中、真っ暗な画面にうつしだされる白文字に、これからはじまる第二章への想いが高まり・・と思っていましたら、まずは第一章ダイジェスト映像から始まります。
ナレーション菅生さん、2199映像からはじまりましたので、沖田艦長がどこかで見守ってくれているような感じで、さらに、新たな2202第一章の展開をたどっていきます・・ナレーションだけでなく、セリフも多々織り交ぜられたダイジェストなので、久し振りに大スクリーンで見る迫力もあり、ドキドキ感がさらに増しました^^(気のせいか、第一章鑑賞時よりも、白色彗星がとても美しく見えるような気がしましたが・・気のせい?^^;)

OPは、第一章BDで見ていた映像に始まり、スクリーンで見る迫力にすいこまれるよう、でもすぐさま、BD映像とは異なる絵が展開していきます!・・これは、ヤマト修復工事の風景なのでしょうか??美しいイラストのようなビジュアルが展開されていきまして、とてもひきこまれました^^(ですので、主題歌としての音楽は、もちろん耳に入っていたのですが、傾けて聴くほどには集中できず^^;女性のお声がやはり2199とは異なるのでは?と改めて感じることはありました)
OP映像は、イベント上映ごと(章ごと)にことなるのかしら、では、BDにおける各話OPはどのようになるのかしら(第3話~6話すべて同じ映像になるのか、異なるのか)・・などなど、さまざまな想いがめぐりました。

第3話冒頭から、いきなり土方さんが登場^^
懐かしい気持ちと同時に、ここは・・と、痛ましく感じられる思いも。新たな登場人物としての、魅力的な雰囲気の女性(個人的には髪の色は異なりますが、ミレーネル・リンケを思い出してしまいました^^;)と、「ヤマトIII」を思わせる教授の存在。そこに見られた文書の「アケーリアス」の文字・・「星巡る方舟」が思い起こされます。

バレルのセリフが流れつつ、テレザートやテレサの絵、古代との対話のビジュアルが展開されていきますが、ドラマティックな印象。
バレルの印象的な言葉は「違う次元でひとつの結晶・・」「あの世とこの世のはざま・・」「テレサに呼ばれしものの記録」「古代、その目で、地球の真実を見ろ」
合間に、ユキの佐渡宅にての会話が織り交ぜられ、いろいろなドラマが同時進行しているさまがうかがえます。

立ち入り禁止区域にて、古代とキーマンの姿。これが予告篇に少し見られたシーンだったのね・・と、ようやく状況が理解できた。
キーマンの「1時間のツアー、それ以上は・・」「コスモリバースの副作用」「闇、特異点」「時間断層」、古代の「度を越している」「なんでこんなことに・・!」「これのどこが復興だ!」などの言葉が印象的。
このあたりのキーマンの話から、今回は政治色の強いお話の印象を受けました。かつての作品のあいまいだったところをいろいろと納得できるようにするための設定や描写はとても興味深く面白味も感じました(ただ、政治専門知識はあまりないのでいらぬ気づかいかとは思いますが、2202という作品において、リアルな政治の偏りが生じたり何らかの影響を受けたりすることのないよう願っております^^)。

新見目覚め、真田さんと新見さんは、時間断層のことを知っていたのね・・と。
第一章におけるヤマト主砲発射に至る前までの過程を古代は具体的に知らなかったわけなので、そのあたり、どうなっていたのか、知りたいですね・・それが今後明らかにひもとかれていくのかしら。

土方さん更迭。
その後からの映像が、地下都市におけるヤマトクルーたちの対話になりますが、このあたりの映像がダークな意図的に荒くしたような、今までにないタッチの絵なので、最初は時間が少しさかのぼって思い出されるような場面なのかと思っていましたら、古代が長官に物申すシーン、怒りの目とふるえるこぶし、古代の表情の線が細かで陰影も複雑にダークな印象で迫力あり、そちらに気をとられて把握しきれなかったのですが、リアルタイムで進行しているお話なのかしら、と、やや時系列の把握に混乱してしまいました(第11番惑星の描写が冒頭にありましたから、このあたりはそれより前の時点ではあろうかと思いますが・・)。
やがて土方「中央にとどまれ」、ユキのいる場では表情が穏やかになる古代、ヤマトクルーの配置換えを知る、ヤマトを見上げるクルー(これが予告篇にあったシーンね、と)、古代の「このままでは・・」「行こう」、真田と古代の手を握り合い・・などなど、発進へ向けて、皆のきもちが定まりつつ、高まりつつあるのを感じ、私は、かつての作品を思い起こしつつ、ステップを確認するかのように、目を離さずにいられなくなった。
今回は自然体で臨もう、感じとろう、と思っていたが、やはり、ひとつひとつのシーンをしっかりと焼き付けて、確認していきたい、という気持ちの方が先行してしまった・・登場人物たちの言動そのものに対してもそうですが、もっと奥にある、それぞれのシーンにこめられた制作の想いや意図もくみとりたいきもちで^^

話がそれたが、島の迷い、その後のエレベーター内でのユキのセリフに引き戻されるように、ああ、やはり、単に思い出すフラッシュバックのような展開でなく、じっくりとお話が進んでいくシーンなのね・・と。
「着替えをもってこないと」
「さらば」『2』でもあったと思いますが、『さらば』が刷り込まれているので、『2』独自の展開以外に関しては、『さらば』と表記していきます)では、クルーたちから少し離れて去りつつ、着替えを、と話していたユキですが、ここでは、古代との対話をすることで、「さらば」では描かれなかった古代の想い、さらに突っ込んだ二人のこころの奥底も、セリフと目や手の動きなどで、見え隠れし、とてもよいシーンでした。メモをとる手も止まり、見入ってしまいました^^
ユキの「だから何?特別扱い・・」「私たち何もわかりあえていなかった・・」、古代の「きみを巻き込みたくない」のセリフが印象的^^
その去るシーンが、ドアが閉まり、奥にかけ去っていくので、既視感・・そう、「永遠に」のサーシャが古代と別れて、未来の地球に残る、といって走り去るシーンと重なりました!また、見終わって、よくよく考えますと、古代が最初左手、次に両手を握りながら話しましたが、その自分の手をすり抜けていく感覚は、「永遠に」の序盤の、古代の手からユキの手がすり抜け、救命艇から落下してしまう、あの喪失感に似たものを無意識に私が感じていたことも、既視感のひとつの要因であったか、と思われました・・表面的にこのシーンを見ても理解できる場面ではありますが、かつての作品を思い起こすと、その喪失感や切なさは、さらに増しまして、なんともいえず。
また、このときの古代の顔が、とても大人っぽく、すてきで、メモの手も止まってしまいがちの私がとっさに書いたのは今はやりの言葉で恐れ入りますが「やばい!」(笑)。感極まっていました!^^ BD購入しましたら、コマ送り再生すること必至であります(笑)。

・・つい気持ちが高ぶって、この部分だけでかなりの長文になってしまいました(^^;)。
ひとまず、区切ります。
2202ci205
関連記事
別窓 | ヤマトへ寄せる想い | コメント:0 |
<<「2202第二章『発進篇』に寄せる想い」(最速先行上映会) 2(ネタバレあり) | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | 2202カレンダー2017>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに |