心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
水樹奈々さん
たまたまこのところTV番組でお見かけすることがあり、懐かしい想いと新たな想いが・・。

週末のフジ「MUSIC FAIR」アニソン特集として、豪華なメンバーがご出演で、30分番組ですがとても凝縮されたすてきな特集でしたが、宮野真守さんとの共演、すてきでした^^(ちなみにトリは、『残酷な天使のテーゼ』『ヱヴァンゲリヲン』映像とともに) 
また、昨夜放送のNHK総合「うたコン」では、島倉千代子さんの「人生いろいろ」を歌われていまして、もともとたしか演歌をうたっていらっしゃったことがあったかと何かで読んだことがあり、やはり、と、とてもお似合いでお上手でした^^

聴いていましたら、ふと、島倉千代子さんといえばヤマト「サーシャ、わが愛」を歌われていたので、水樹奈々さんの歌声とかさなり、もし歌われたらお似合いかも^^と感じました。
ちょうど、「うたコン」には、布施明さんや平原綾香さんもご出演でしたので、「永遠に」「2199星巡る方舟」なども思い起こされて、いつか、ヤマトオンリーの音楽番組が企画されたら!と思わずにいられませんでした。
期待しています!
2199ci65
最近聴きました「ラジオ・スイートヤマト」による刺激も
あったと思いますね・・ヤマト音楽の集大成を体感
したいものです^^
2202にもすてきな楽曲や歌がたくさん生まれていますし^^
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
昨日のお話です。

---

前回不完全燃焼の想いでしたので、今日、新宿ピカデリーへ。
いろいろ予定が来週から入り始め慌ただしくなるので、また、これまで第一週から入場者プレゼントを2セットずついただけていたので、第三週も可能なら、とトライしました。

今朝は若干出発が遅れてしまいましたが、新宿ピカデリーになんとか到着^^
少し売店を見るゆとりももててさいわい・・ずっと気になっていましたが実物を見ないと、と思いつつ、買い忘れていた豆皿がまだヤマトグッズコーナーにありましたので、今日買うことができました^^小さくかさばらず、かわいらしくてよいですね^^
ロビーには掲示物ありませんでしたが、9階スクリーン5付近に、第六章ビジュアルありました^^
今日が見納めになるかもしれませんから、と、しっかりと目に焼き付けつつ。

今日は、入場ペースが遅い気がしましたが、徐々に観客の方々が入ってこられまして、ほっとしました(笑)。でも、今までで初めてのことですが、私を含めた最初の5~6人の方々がすべて女性でしたので、とても驚きましたね・・たいていは、また、とくに朝いちは、男性の方が多かったので、どうしたのかしら??と。
デスラー&キーマンの深いお話の世界の魅力に引き込まれた方が多いのかしら(笑)などと、勝手に想像。

今日は、とても静かな心地よい環境で、鑑賞することができまして、感謝の想いです。
見終わりまして、これが見納めになってもいい、と思えるくらいでした。
それでも、今回7回目鑑賞ですが、さらに新たな発見や気になるところなど見つかりまして、まだまだ私の見方が浅いかしら、また逆に深読みしすぎだったからしら・・などと、思いめぐらせる楽しみがありました^^
もしも可能なら、あと1回、劇場鑑賞したいですね・・本当に、大スクリーンと音響設備の優れた場所で見ることで、作品の魅力を存分に味わいたい!と思わせてくれる作品ですから^^
2202ci509
書き忘れましたが(^^;)、
第三週入場者プレゼントは無事に
いただきました^^(チラシはアンドロメダ
・・かなりアンドロメダ増えました^^;)

---

以上で、見納めとしようかしら、と思っていたのですが、昨夕には子供からみのハプニングがあり、その余韻もすっかり飛んで行ってしまいまして(^^;涙)、できればやはり上映中はまた見に行きたい、という想いに。
第四章は、子供の受験でとことん楽しむことができませんでしたから、今回は、できるだけ。
さいわい、新宿ピカデリーは第四週でもほぼ1日3回も上映してくれることとなり、とてもうれしいです^^・・ただ、行こうと思っていた日に限り午前中がなく・・再検討中です。
今回は、よいペースで劇場鑑賞がかない、体調もよいようで(笑)、上映終了後にがっくりきそうでこわいのですが(^^;)、まだまだ未読の小説もありますし、自分なりに楽しんでいきたいと思います^^

そろそろ多くの劇場での上映が終了しますし、私のきもちも落ちつきどころが見いだせつつありますので、ネタバレあり感想を少しずつUPしようかと思いはじめています。
最速先行上映会は、もう、約1か月前のこととなり、その後何度か鑑賞するうちに作品の印象も変化している部分もありますが、その時々の想いを記録として残しておきたいので。
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第五章 愛の宣伝会議 ⑥」感想(ネタバレなし)
今回は、あわただしくてUP直後に見られませんでしたが、先ほど見終えたところです。

ネタバレ回第二弾としてのメカ編、とのこと。
メカに疎いので、とても参考になりました^^
実はこれはこういうシーンなのですよ、という解説のあった二点(①ある戦艦の姿、状況②クルーの作業している場所)と少々については、映像からは読みとれていなかったので、今回初めて知り、驚きました。
勝手な想像ですが、映画「エイリアン」や少し前の海外ドラマ「バトルスター・ギャラクティカ」、あとほんの少し「劇場版銀河鉄道999」を思い出しました。
ますます、今後の展開が楽しみになりました^^

他には、第三週入場者プレゼントのご紹介、最終回のための最後のご挨拶をされていました。
しばらく寂しいですが、TV放送や第六章に向けての情報や、第六章愛の宣伝会議も、楽しみにしています!
tere1
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:3 |
「ごごナマ ごごウタ」
昨日の6/8(金)15:08~NHK総合にて放送されました「ごごナマ ごごウタ」が自動録画されていましたので、先ほど確認しましたら、なんと、ささきいさおさんご出演で、いろいろお話されたあと、3人目に「宇宙戦艦ヤマト2202」を2番まで歌われていました!

この番組は、生放送でしたので、とても貴重な映像を録画することができまして、とてもうれしかったです^^
とても76歳には思えないほどの声量とたしかな歌声はご健在で(これまでよりもテンポの速い楽曲ですし^^)、感激しまして、私も力をもらえた気がしました。
まさに今、2202第五章上映中(昨日見てきたばかり^^)で、とくに、2番にじっくりと耳を傾けまして、映像も思い起こしていました。
一緒にご出演の歌手の方も口ずさんでいる様子がうかがえましたし、会場の観客の方々も手拍子あり、歌い終わると、とても盛り上がった雰囲気が伝わってきました^^

どうぞお体大切に、いつまでもお元気にお過ごしください。
いつかまた、私も生でお声を聴けるときを楽しみにしています!
2202ci408
2202第四章最速先行上映会にて
  ささきいさおさんご登壇のときのことを
  思い出しました^^
別窓 | ヤマト関連TV番組 | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
2202第五章上映第三週に入りました今日、新宿ピカデリーに行ってまいりました。

初回は、お昼ころからで、やや小さめのスクリーンでしたせいか、思いのほか混雑しておりました^^両隣が空いている、という状況でなく。
そろそろ他の予定も入り始め、体力的にもこれが最後になってしまうかしら・・と、微妙な想いのままのぞむこととなりましたが、やはりスクリーンで見はじめますと、できるだけ来てみたい、という想いも。
さらには、今日はとても残念なことに、上映中(加藤と桂木の会話の極みのシーン)に携帯電話の呼び出し音を長い間鳴らしたままの方がいらして、こんなことは初めての経験、ヤマトの上映ではとにかく皆さんとても静かに過ごされる方ばかりでしたこともあり、本当に驚きました(せめてマナーモードにしていただけるとよいのですが)。
私は6回目鑑賞ですのでまだよいですが、初見の方はお気の毒だったと思いますね・・今日は若い男の子の姿もありましたが、楽しめたのかしら。でも、ここぞという場面でしたので、私でも、すっかりきもちがとんでしまいまして、その後なかなか作品世界に気持ちが戻れず・・これでは、とても見納めにできない、という想いが強く残ってしまいましたので、あと1回はできれば見に行きたい、と思っています。

第三週入場者プレゼントをいただきました。デスラーとキーマン、すてきですね。チラシは、初のコスモタイガーでした。
今朝、絵コンテ集を読んだ直後でしたこともあり、今までとは異なる視点で見ることとなりました。人物のセリフの奥にある意味を追い求めてみたり、削除されているシーンを脳内補完しながら。
とはいえ、第六章以降で具体的に描かれるかもしれませんし、あくまでも、仕上がった映像作品を、2202作品として、受けとめるつもりでおります。
yuki10
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第五章BD特典 絵コンテ集」感想
今朝いっき読みしました^^
とてもボリュームあり、また、絵やコメントもとても細かく、読みながら、映像が音楽付きでイメージできるようでした・・本編にはないシーンは、自分なりの絵と音楽で(^^;)。
シナリオ集の流れに近い内容で、本編にないシーンは、シナリオ集同様に、気になっていた点を補足してくれたり、それぞれの人物像に深みを増すものとなっていますね・・それに加えて、さらに突っ込んだ内容になっているので、ある意味、ネタバレとなっているのかしら??今後の第六章、第七章で描かれる内容まで踏み込まれて展開されているのかしら?・・あるいは、これはひとつの案であり、今後はまた異なる描かれ方をしていくのかしら・・などと、さまざまな想いがわきおこってきました。
とても刺激的な絵コンテ集でした^^

市瀬美奈、藤堂早紀、桂木透子、に、とても含みのある内容。
先の二人はかなりつかみどころのない人物で、まだまだなじみにくい印象あり。果たして今後どのような活躍をするのか。
桂木透子は、もう2202になくてはならぬ存在となっている印象で、最後までカギを握る存在なのかも?(サーベラーよりも?)
2202ci513
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第五章BD特典シナリオ集」感想(ネタバレなし)
明日から上映第三週に入る前に、確認しておきたいと思いました^^

シナリオ集
映像作品には登場しないシーンがあり、これらが水面下の設定として「正」であるなら、第五章の世界を理解するのに、役立ちました^^
「もう少し詳しくセリフにしてほしい」と思ったシーンに対する、その解説的な表現を読むことができたり、「この人のこれはどこからどのように手にしたもの?」と思ったシーンについては、具体的にそのシーンが登場していたり、「この人のこのセリフの裏にはこうしたことがあるのでは?」と思っていた部分などが、やはりそれをにおわすシーンやセリフがさらにいくつかありましたので、私なりの第五章鑑賞の感想について、確認をいくつかできたような気がしました^^
これ以上具体的に書くとネタバレになりますから、今は控えておきますが・・「登場人物たちの、より深い部分が垣間見えるセリフもちらほらあり、あれこれまた想像してしまっています」とだけ記しておくこととします(^^;)。
毎回、申し上げていますが、26話分すべてのシナリオ集を読んでみたいものです(笑)。
読みながらわくわくしてきまして、とても楽しいです^^

絵コンテ集も目を通したかったのですが、今日は時間がとれず・・できるだけ早く、見たいと思います^^
kodai18
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
2202第五章は、金曜からの上映スタート、入場者プレゼントの切り替えのためか、第一週の週末の興行収入ランキング10位以内に入りませんでしたね・・そうした流れで、第二週、第三週、と徐々に上映スクリーンのスペースも小さくなってきているのでしょうかね(今期、一般上映にて一度もシアター1で見ることができなかったのは、初めてのことでした^^;)。
また、今回は、事前の雑誌等での宣伝が少なめでしたためもあるのかしら・・でも、前売の売れ行きなどから、固定客層をある程度見込める見通しもあったのかもしれませんしね。
第五章は、個人的には、これまでの章の中でも、一番、新たなヤマトの世界が感じられ、人間ドラマとアクションシーンが満載、かつ、両方の世界を存分に味わえる魅力的な章になっていると感じていますから(音楽効果も絶大^^)、今後のますますのもりあがりも期待しております^^

さて、今日も、新宿ピカデリーへ。
少し時間帯は遅めにしてお昼前後の回に行ってみました。
やはりけっこうな入り状況と感じられました^^男性が多いですが、女性も朝いちの時間帯よりは多めの印象^^
大きめのスクリーンで楽しめるのもあとわずかですから、みなさんやりくりされてこられているのかしら、と。
第二週入場者プレゼントもいただけまして(ちなみにチラシはアンドロメダ)、このペースで、第三週も頑張りたいと思いますが(笑)、やや小さめのスペースなので、早めにチケットを押さえておかねば、と思う次第。
せっかくのイベント期間ですから、できるだけ楽しみたいですものね。

今日は5回目鑑賞でしたが、かなり気持ちにゆとりが出てきましたせいか、またデスラーやキーマンのドラマに見入り、美しい表情やお声の響きをじっくりと味わい、アクションシーンではその迫力に身をまかせました^^・・と同時に、今回は、これまで以上に、「謎めいた部分」が目に留まり、あれこれ想像もしながら見ることができました。
また詳しい感想は後日UPすることとします。
「第五章 愛の宣伝会議」もネタバレ回UP、とされていますが、さすがに核心部分には触れていませんから・・もう少し様子見ようと思います^^
2202ci513
第六章ビジュアル、前回同様、
7階にありました^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第五章 愛の宣伝会議 ⑤」感想(ネタバレなし)
昨日、2202公式サイトにてUPされまして、先ほど見ました^^
詳しい解説をしてくださいまして、とても楽しめました。
また、本編には関係ありませんが、第五章CDドラマの内容が垣間見られ、とても楽しみになりました^^
その他、第二週入場者プレゼントを紹介され、コメントなど。
次回も楽しみにしています!
2202ci509
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマト」感想
感想UPが大変遅くなりましたが、ようやく、おとといから聴き、本日聞き終えました。
とても素晴らしい番組でした!
(内容も充実し、ただただ聴き入ってしまいました・・音もとてもよくて・・耳だけに気持ちを集中して聴くので、すっかり浸りきりました^^)
改めて、ご協力いただきました方々には、深く、深く・・感謝いたします。

---

第一部

なつかしの「オールナイトニッポンラジオドラマ」の冒頭を再現するかのような構成に、本当に胸がふるえました。
夜中に聴いたドキドキ感とともにかつての私自身とヤマトへの想いがよみがえってくるようでした。
これまでのヤマト作品を振り返りながらの貴重なサウンド、楽曲に、じっと聴き入りました。
出演者の方々のお話も、とても興味深く、楽しく聴くことができまして、また、ひさしぶりに「宇宙戦艦ヤマト ALMANACシリーズ」を聴き直してみたくなりました^^(忙しいころでしたので、ひと通りは聴いてはいますが、もっと深く追い求めてみたくなりました^^)


第二部

こちらもまた、とても密度濃い内容で、大変貴重な音源とお話を聞くことができまして、感動しました。
最初の15分ほどは、朝日ソノラマソノシートのドラマを聴きながら、レコードソノシートのお話、キャストのお話など楽しく聴くことができました。主題歌シングルレコード、ドラマ編LPレコード、交響組曲宇宙戦艦ヤマトLPレコードに至るあたりのお話は時間の関係で次の機会に、となりましたので、残念でしたが、またいつかぜひとも聞きたい、と思いました。
こうした貴重な音源や、このラジオそのものをCD化していただきたいほどですね。

そのあとの45分ほどは、庵野監督がご出演で、10曲ほどの楽曲を聴き(宇宙戦艦ヤマト、艦隊集結、悲愴なヤマト、真赤なスカーフ(インスト版)、大河ヤマト、地球を飛び立つヤマト、イスカンダル、元祖!ヤマトのテーマなど)、それについての想いを語られていて、とても楽しい貴重なひとときを過ごすことができました。
庵野監督については、文字情報で知ることが多かったので、こうして、生のお声では初めて聴くことができ、これほどにヤマトがとてもお好きで詳しく語られるとは思っていませんでしたので、とてもうれしく、密度濃い時間を過ごすことができまして、胸がいっぱいになりました。どの楽曲も、私も好きなものばかりでしたし^^


第三部

またまたこちらは、とてもマニアックな内容で、本当に、とてもうれしくなりました^^
まず、主題歌のバージョン違いのお話で、宇宙戦艦ヤマトの前奏なしとマーチ付きのちがい、コーラスのミュージカルアカデミーとロイヤルナイツの違い。
その後、コーラスで始まるスロー版で何かしら?と思いましたら、NG版第1話のもの・・私は初めて聴くもので、他にも、英語版(ささきいさおさんでなく、スターブレイザーズ版)もまた初、で、とても貴重な歌を聴くことができてよかったです^^
その後、アルフィー版(復活篇)や2199合唱タイプの歌は、とても懐かしい思いもし、ウーバーワールドなんてずいぶん久しく聴いていなかった楽曲(2199TV版)がここで聴けるとは思わなかったですし(笑)、2202ささきいさおさんによる主題歌へと続きました。

約15分ほどたちますと、次にEDや挿入歌の話題となり、「真赤なスカーフ」(あまりに懐かしい・・ぐっときます^^)のほか、「ヤマトより愛をこめて」(なんと大野克夫さんによるデモテープ版)「ラブ・シュープリーム」八神純子ベストオブアルバムバージョン)、2520TOKIOによる楽曲、という初めて聴くものもあり、それらについての解説も、とても参考になりました^^
やがて、2199「星が永遠を照らしてる」では、懐かしい想い、2202「月の鏡」でさえ、すでに懐かしくもあり、また初めて聴く「銀河伝説」布施明バージョン)・・・と、続きました。
初めて聴くものもありましたし、まだCD化されていないものもたくさんありましたから、いつかなにかの形で、のちの世に語り継がれるようになっていってほしい、と思いましたね。

残りの25分ほどは、オリジナル楽曲とその後の楽曲の聴き比べを通しての解説等々、とても中身の濃いお話で、実際に楽曲を聴きながらの解説でしたので、とてもわかりやすくて参考になりました^^「無限に広がる大宇宙」にはじまり、6曲ほどの原曲(『さらば』の原曲が主)との比較でした。
もっと聴いていたいくらいでしたね・・あっという間に時間がたってしまいました。


第四部

リクエストコーナーとして、寄せられたコメントとともに紹介されましたが、どの楽曲も好きなものばかりでしたので、自分の中で一人盛り上がっていました^^(以下、楽曲名と聴きながら感じたごく簡単なひとことメモを^^;)

「デスラー襲撃」(さらば)・・私も好き、ドキドキしてくる。
「大帝ズォーダー」(2202)・・とても引き込まれる。
「ガトランティス襲撃」(2202)・・かきたてられるものがある。
「ヤマト飛翔(と紹介されましたが、未知なる空間を進むヤマト、と意識していた楽曲、バージョン違い?)」(永遠に)・・とても好きな楽曲、奮い立つ、かきたてられる。
「M-31」(さらば)
「シャルバート星」(III)・・旋律が美しい。
「FIGHT!コスモタイガー」(完結編)・・かきたてられる、高揚感。
「宇宙戦艦ヤマト(オケバージョン)」(復活篇)・・何度聞いたことか、全身にしみついている。
「記憶の光」(2199)・・あまりに懐かしい、何度聞いたことか。
CMをはさみ・・
「ガミラス国家」(2199)・・ひとつの文化が確立された感がある。
「好敵手」(さらば)・・あまりに懐かしい、「さらば」に熱中していたあのころすべてがよみがえる。
「CRIMSON RED」(2202)・・まさかここで聞けると思わず、うれしい、好きな歌。
「宇宙戦艦ヤマト(葉加瀬太郎バージョン)」(2202星巡る方舟)・・すばらしい・・これまでのどの楽曲もすてきだけれど。
「BLUE」(2202追憶の航海)・・とてもなつかしい・・最近聞いていなかったので。BDをいま一度見直してみたくなった。
「シンフォニー・オブ・アクエリアス」(完結編)・・私も当時、異色の楽曲と思えた、だんだんとヤマトと距離を感じていたころとかさなり・・でも、今は、とても魅力的な楽曲と感じる。
「ヤマトのボレロ」庵野監督リクエスト)
「ヤマトのテーマ(**のテーマ:聞きとれず?)」
最後に、リクエストしていただいた方々のお名前を読み上げられ、紹介しきれないくらいの多くのりくえすとをいただきました、とのこと。

そのあと、2202第五章宣伝において、予告編の音が流れましたが、映像なく音(セリフと音楽と効果音)のみでも、本当にドキドキワクワクするもので、耳から聴く音の世界は本当にすばらしい、と感じました。
あわせて、グッズBD小説のご案内も。

最後に「無限に広がる大宇宙」が流れ、ご出演者のご挨拶があり、「明日への希望」で終わりました。
(流れた楽曲についての情報がネット上にUPされる、と最後にありまして、4時間ずっとメモしていましたが、すべてはとりきれなかったため、ありがたく、確認させていただこうとしましたが、なぜかアクセスできず^^; 上記記載の楽曲名等聞き取りミスがありましたらすみません)

---

第四部は今朝聴きましたので、朝からとても気分よく、テンションあがりました!
最近の新作からもたくさん紹介され、とてもうれしかったです。
これまでネット上では、いろいろと、各作品についてのバッシングなどありましたが、こうして、ヤマト作品を愛し、楽曲を愛する方々がたくさんいることを知ることができ、ともに想いをわかちあうことができ、本当にとてもうれしかったです^^

まだまだ、もっと深くヤマト音楽について知りたい、と思いました。
もっと自分なりに追求もしていきたいと思えました。
そして、また映像作品に舞い戻ってみたい、とも思えました。
すばらしい番組をありがとうございました!
そして、ご協力いただきました方々にも、重ねて深く感謝いたします。
kodai9
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
2202第五章「煉獄篇」上映スタートから第2週目に入りました今日、新宿ピカデリーに行ってまいりました。
初回は朝早いので、余裕みて早めに行きましたが、それでも8時過ぎには列をなしているので(8:20オープン)、どうしたことかしら・・先週の初日もこんな感じだったのかしら、などと思っていました。

まずはチケット発券後、売店に向かいますと、列ができています・・よくよく見ましたら、ガンダム・ジ・オリジン(?)のグッズをかごに入れる人が列をなしているようなのですが、なぜかよくわかりませんでした(帰宅後調べましたら、フィナーレ舞台挨拶があるようですね。初回は最大のスクリーン1になっていました・・ヤマトでなく^^;)。売店のグッズの配置が換わっていまして、一番メインの多数の品ぞろえのスペースに、ガンダム(?)関連で、ヤマト関連は別の場所に移されていました(^^;)。

ヤマトグッズは、先週よりやはり品数少なくなりましたが、以前こちらで目にしなかったクリアキーホルダーが少しあり、他には、ラバーコースター、ユキのクッションカバー、ユキのデザインのスポーツタオル(UA)、ヤマトのマクロファイバータオル、スリッパ、タグ(白以外)などがありました^^ ヤマト新聞3もたくさんありました^^

外には先日もありましたポスターに、おそらく舞台挨拶の登壇者の方々と思われますサインが入っていましたので、カメラに収めてまいりました^^ その他、ヤマトの掲示物としては、7階(スクリーン3フロア)のトイレ側の奥の壁に、第六章ポスターがありました^^

今日は、平日の朝いちなのに、やはりたくさんいらっしゃっていて、うれしかったですね・・・でも両隣あいていましたから、とてもゆったりリラックスして見ることができました。
4回目鑑賞となりますから、余計に肩の力を抜き、身をまかせるように見ることができたのかもしれません。
そのためか、これまでよりも、感じるままに見入ることができました・・つまり、その世界に没入し、シーンごとに、きれいをきれいと感じたり、かっこいい!と心から感じたり、ぐっとくるシーンでは自然と涙がにじんだり・・と、こころが開放されたような感覚に陥りました^^(またネタバレあり感想は後日UPします)

あるいはまた、昨日から、ようやく遅ればせながら、ラジオスイートヤマトを聴いておりまして、かつてのヤマト作品から今に至るまでを振り返ったり、漂うようにその世界に入り込んだり、想像をめぐらせることができて、とてもリラックスした状態にあったからかもしれません(この感想につきましては、聴き終わり次第、別立てUPする予定)。

また、少し前から気持ちの変化が徐々に起きていまして、当ブログでも時々浮上していた想いが、いよいよ強くさらにわきおこってきまして抑えきれなくなっていたことがありまして、昨日心に決めたことが、私の今後の生活の指針(ペースづくり)となるようでもあり(家族にもつたえましたが^^)、今朝、とてもすっきりとさわやかな気分でヤマトにのぞめたためなのかもしれません。
昨年から今年に至るまで、ちょうど、それは、ヤマト2202第一章スタートから第五章に至る時期と重なりますが、さまざまな想いにかられつつも、ようやくたどり着いた想い、なのだと思います(こちらについても、改めて記事として別立てUPする予定)。
2202ci513
第二週入場者プレゼントも無事にいただけました。
原画のほかにまたチラシも入っていまして、今回も
アンドロメダの方でした^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
BACK | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT