心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
「王様のブランチ」
ただいま放送中のTBS「王様のブランチ」映画ランキングコーナーにて、「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第四章『天命篇』」9位で紹介されていました^^
先週末の興行ランキングで9位、というのは、ネット情報で知っていましたし、火曜の日本TV「Zip!」映画ランキングにても作品タイトルが表示されていましたが、ここでは、本編映像とささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」も流れていましたので(けっこう長めに^^)、とてもうれしくて、記事UPしました^^

この寒い時期の限定公開、また、多々ある作品の中での9位、本当におめでとうございます!
今回は4週間上映ですから、まだまだ動員数が増えていくことを願っております^^
2202ci401
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:2 |
「2202第四章劇場限定版BD」映像特典(ネタバレなし)
さきほど、まずは、映像特典から確認しました。
第三章までのダイジェスト、ノンテロップOP、第四章「天命篇」特報、予告編、CM・・までは既知の内容でしたから、思い返しながら(と申しますか、今なお上映中鑑賞中でありますが^^;)、楽しみました^^

最後に・・ノンテロップEDを。
「何ですか!?これは!?」と思わず、声をあげそうになってしまいました・・!
驚きましたし、ドキドキ・・とてもすてきなビジュアルで、かっこよかったです! こんなにドラマティックなED映像は、いまだかつて見たことがないくらいのインパクトがありました^^
そして・・とある作品のワンシーンを思い出しまして、今後の展開がますます楽しみになりました。

劇場限定版BDすべて見終えてから、感想UPしようと思っていたのですが、あまりに心揺さぶられてしまい、すぐにでも書きたくなりまして^^
とにかく、第五章以降、楽しみにしています!
yamato01
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第三章BD特典シナリオ集、絵コンテ集
大変遅ればせながら、第四章鑑賞後となりましたが、ここ数日で確認しました。

「シナリオ集」
映像作品とは異なる設定、流れ、シーンがあり、とても新鮮な思いがした・・そんな思い入れもありながら、この第三章が制作されたのね、と。
女性クルーの対話による桂木の描写、古代のハーモニカ・・など、映像で見て見たかったものもありますが、すべてを入れるにはやはり時間の問題もあるのでしょうし、お話もあちこちに寄り道することとなり広がっていきますから、最終的にあのようになったのでしょうね。真田の独り言のようなセリフには、この作品のテーマ(謎の部分にかかわる)の大きなヒントがあるようでもあり・・それがあまり具体的に表現されなかったのは、まだあいまいなままにしておき先の展開において明らかとされる、という意図があるのか、あるいは、あえてあいまいなままの描写によっていかようにもとらえられるような演出とされているのかしら、などと、いろいろ考えてしまいました(それが最終的に映像の形におさまったということなのでしょうけれど)。
桂木とキーマンのセリフも異なりますから、根底の設定の中にこのような想いも込められているのかしら、とか、映像作品における二人が「正」ととらえるべきか・・私の中で現実と妄想が入り乱れております(^^;)。
いずれにしましても、2202第七章まですべて終わるとき、映像作品や他の資料における内容のいろいろな気がかりも、どれが「正(真)」でありどれがミスリードのための演出であったか、などの物語の仕組みがひもとけるのでは・・と、期待しております^^

もうひとつ、冒頭のゴーランドとノルのシーン・・第四章を見た後で読みましたので、以前に映像で見たときの印象と異なり、胸に迫るものが・・いまいちど、第三章を見直してみたくなりました^^


「絵コンテ集」
映像の細部の記憶が飛んでいますが・・いろいろなメモ書きによって、制作過程の意図(キャラの心情や演出の意図など^^)が伝わってきまして、とても参考になりました^^
シナリオ集においても思いましたが、すべてのエピソードについて、絵コンテも見てみたいですね。
2202ci303
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第四章愛の宣伝会議⑤」(ネタバレなし)
今回は、早々に見ることができました^^
ネタバレSP回でしたので、未見の方のために、この場では具体的な内容を控えますが、皆さんのお話、またまたひきつづき、とても参考になりましたし、とても楽しく見ることができました^^
第四章を何度も見直してみたくなりますし、第五章もとても楽しみになりました^^
羽原監督、福井晴敏さんはじめ、制作にかかわられる方々には感謝の想いと、今後の展開への期待でいっぱいです。どうぞ、みなさまお身体には留意され、頑張っていただきたく思っております。

なお、注目ポイントとして、10シーンを挙げられていましたが、すでに見ている者にとっては、ピンと来まして復習のようにわかりやすいものでしたが、やはりあまり詳しい内容までは明らかにせず、という感じでしたから、私のネタバレ感想UPは、もう少し先にすることとしました。
「SNSやツィッターで、『私は、もっとこんなところもポイント』とUP宣伝してよい」とのことでしたが、私の場合、かなり具体的な考察や妄想も込みなので(^^;)。

最後に、最速先行上映会におけるささきいさおさんの「宇宙戦艦ヤマト」(2番のみ)の映像が流れまして、とてもうれしかったです^^そして映像には、おそらくほんの少しですが、私も映っているかと思われ(^^;鮮明でないのでよくわかりませんが、おそらく)、この最速先行上映会の映像は、いつかBD特典映像として収めていただきたく、願っております^^

ここ数日、ずっと主題歌CDの楽曲が頭の中をリピート再生しており、ヤマトのことが頭から離れずにいますが、まだまだしばらく上映が続きますから、本当にうれしいです^^
できるだけ、劇場にも見に行きたい、と思っています^^(迫力ある映像と音楽にじっくりと向きあえるので^^)
tere1
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第四章愛の宣伝会議」感想
ようやく、ここ数日で、見終えました感想です^^

「2202第四章愛の宣伝会議EP.0(プロローグ)」
ヤマトジェットの紹介。実際に乗ることができないので、とても興味深く見ることができました。スケール感がつかめ、よかったです^^
また、ヤマト関連グッズも魅力的で、ほしくなりますね・・これらの映像は、いつか、BD映像特典にでもしていただけるとうれしいのですが。

「2202第四章愛の宣伝会議①」
福井さん宅にての収録。立派なシアターで、すてきでした。
お話も、中村さん進行で、小林さん、羽原監督、福井さんでにぎやかに、とても楽しかったです^^
振り返りパート1として、第7話、8話ツィッターコメントをもとにシーン紹介され、共感したり新たな発見を知ることができて、またもう一度見直してみたいシーンもありました。
第四章を見た後でも、第三章も何度も見直してみたくなりました^^

「2202第四章愛の宣伝会議②」
前回に引き続き、福井さん宅より、振り返りパート2として、第9話、10話ツィッターコメントをもとにシーン紹介。
自分なりにとらえていたシーンに、こめられていた制作側のお話を聞くことができ、いろいろ確信することもでき(とくに古代の心情いかなるものかと私自身の中のとまどいあいまいだった部分が、『これ』と、きちんとブレずに確認でき)、とても楽しいお話も多々あり、よかったです^^
第四章を見た後で改めて第三章の解説を聞いていますと、第四章のそれぞれの人物たちの抱える想いをまたより深く断定的にとらえられるので(私自身が、第三章にて、心情をつかみきれていない、と感じていたので)、とても参考になりました^^

「2202第四章愛の宣伝会議③」
ひきつづき、福井さん宅より、PV解説。
今回、あわただしくて、これまでのようにPVの流れを詳しくメモし、コメントUPすることができませんでしたので、カット数やヤマト側ガミラス側ガトラン側のキャラの登場数、セリフ数など紹介しつつ、いろいろなお話をしてくださって、とても参考になり楽しめました^^
すでに第四章を見ているにもかかわらず、またもう一度第四章を見たい、と思えてきます・・子供たちいろいろと忙しいのですが、いつか一緒に見られたらいいなぁ・・と、心のどこかでも思っていまして^^
その前に、早めに未読未見資料を確認し、第四章劇場限定版BDをまずはひとりでじっくり楽しみたいと思います^^

「2202第四章愛の宣伝会議④」
冒頭10分を見ながらのオーディオコメンタリーと、山寺宏一さんインタビュー(特番と同様ですが、確認しましたら、ほんの少し特番の方がカットされていました^^)の構成。
たった10分で、かつ、すでに第四章を3回見ていましても、このオーディオコメンタリーは、とても参考になりました^^私自身のとらえ方があっているのか、また映像から読みとれていなかった設定などもうかがえたので、BDに収められているオーディオコメンタリー同様に、すべてのエピソードについてのオーディオコメンタリーを聴きたい、と切に思いましたね。

本日更新予定の愛の宣伝会議⑤は、ネタバレ回、とのこと。
それを聞きまして、私もネタバレあり感想をいつごろUPしようか検討したいと思います^^
2202ci402
最速先行上映会時の新宿ピカデリー壁面広告
先日書き忘れましたが、上映スタート後には、
「絶賛上映中」の文字が入っています^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202主題歌シングル」CD
2202第三章から第四章の映像がよみがえってくるようでした・・ともにフルで聴けるので、劇場上映版EDを思い起こしながら、とことんひたることができまして、とてもよかったです^^

第三章ED曲「君、ヒトヒラ」は、懐かしい想いと同時に、女性のお声のせいもあるのか、しっとりとしたうるおいの感じられる雰囲気がとてもいいですね・・古代とユキのシーンがよみがえってくるようで、大人っぽいあたたかさ、ぬくもり(!^^)を感じるようです^^

第四章ED曲「CRIMSON RED」は、おととい見たばかりですから、とても鮮やかによみがえってきまして、こころかきたてられるようです^^ハードロックな印象ですが、こうしたサウンドも私は結構好きなので、作品の情熱的、ドラマティックな世界観を見事に描かれているようで、とてもひきこまれ、お気に入りの楽曲となりました^^(前奏を聴いただけでワクワクし、インストゥルメンタルもすてきです^^)

ささきいさおさんによるOP曲「宇宙戦艦ヤマト」は、やはりもう、前奏を聴いただけで、わくわくしますね・・改めて耳だけで聴きましても、テンポがかなり速く、パート1のころが思い出されて、しみじみと胸に迫ってくるものがありました^^ CDジャケットのスタッフを拝見しますと、やはりスキャットはyuccaさんでしたね・・どうも今までのyuccaさんのお声と少し異なる印象を受けていましたので、違う方なのかと思ってしまっていまして、失礼いたしました。

また、スタッフの方のお名前に、「君、ヒトヒラ」「CRIMSON RED」S.E.N.S.Projectまたは、S.E.N.S.Campany・・どこかでお見かけしたことのある名称のような・・と思いまして調べましたら、第二章ED曲「月の鏡」もてがけていらっしゃいまして^^その他さまざまな楽曲活動をされていらっしゃるチーム・・確認不十分で失礼いたしました(^^;)。
この二つの楽曲は、とても斬新な印象でありつつ、ヤマト2202の世界観をうまく表現されているとも感じられ、すてきでしたので、今後のED曲にも携われるとしたならば、新しいヤマト2202のサウンド世界が開かれていきそうで、とても期待しています^^

今回のCDは、とても充実した贅沢な気分になれる作品と思いました^^
いつかそのうちに、2199のように、2202主題歌集CDとして、すべての楽曲をまとめていただけたらうれしいですね^^
yamatoB
サントラCDもすでに発売されていますが、
特別限定版BDと後日届く予定でしたのが
ずいぶん早く、本日届きまして、うれしいです^^
最近、他の作品CDを購入しても、ウォークマンに
入れていなかったのですが、主題歌CDを聴きましたら、
即入れたくなりました^^
やはり、ヤマトの力は、私を動かす大きな原動力となって
いるのですね・・本当に、大切な存在です^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
今日の映画館(ネタバレなし)
新宿ピカデリーに行ってきました。
上映初日からのツィッターの声を見ながら、早く私も上映劇場に行きたい!第五章予告篇を見たい!という想いにもかられ、また、入場者プレゼントもいただきたく思い、間に合わない場合の保険として2回分連続でチケット予約のうえ(^^;)。

ロビーにヤマト関連の掲示物はありませんでしたが、売店に、フィギュアなど展示あり^^
グッズはやはりすでにあまりありませんでした・・コースターストラップも古代やユキ、真田さん、島君など少しありましたが・・。
先日の最速先行上映会にて、第四章は早めに詳しく確認したいシーンが多々あり、何度も見直したい、と思っていましたので、劇場限定版BDは購入^^
朝いちの上映前少し時間がありましたので、正面入り口側の外の壁にて、上映会の際には掲示されていなかったポスター確認^^サイン入りでしたので、カメラに収めてきました^^
その他、スクリーン1のあるフロア(4階?)に巨大広告あり(写真撮りに行く時間なくエスカレーターで降りながら確認^^;上映会時にはなかったと思います)、第五章ポスターはどこにあるのか探してしまいましたが、2回目鑑賞前に、7階の奥の方にあるのを発見できまして、無事にカメラに収めることができました^^

初回は、年齢層も高めの男性が多かったのですが、2回目では、女性の姿やお子様連れの方もいらして、少しほっとしました^^内容が少々哲学的な部分もありますから、お子様にはどうなのかしら・・と思っていたのですが、お子様なりに楽しめているようでしたらよいのですけれど(大人の方による解説を適度にしてあげるとよいかもしれませんね・・刺激の強いシーンもありますから)。

休憩時間がほとんどなく、連続鑑賞は少々きつかったですが、これでもか、というほどに、大スクリーンで作品世界にひたることができ、とても満足しました^^
まだ鑑賞3回目であっても、新たな発見や、思いつきがありまして、初見では読みとれなかった、また思い及ばなかった印象もひろがってまいりまして、まだまだ何度見ても楽しめそうで、自宅にてじっくりと劇場限定版BDを確認できる日を楽しみにしています^^

最後になりましたが、入場者プレゼントも2回ともいただくことができ、とてもありがたく思っております^^
3週目は連休がありますから、休み明けに遅めに劇場に行くこととなるため、難しいかしら、とやきもき。
2202ci401
本日から、第五章BD&DVDの予約がアマゾンさまで
スタートしているようですね(ただいま、特典CD付きBDが、
DVD売れ筋ランキング6位!数時間前は7位でしたので、
上昇中のようです^^)。
特典ドラマCDの内容がどのようになるのか、とても楽しみです^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第四章上映初日を終えて
ほぼ一日中在宅していましたが、タイミングよく一人の時間を比較的もてましたので、2202第四章にかかわる動きやさまざまな声をネットで目にし(グッズの手配も無事に完了し^^)、とてもひさしぶりにのびのびと、ヤマトの世界にひたることができまして、しあわせでした・・・。
やはり、ヤマトは私にとって唯一無二の存在。
大切にしたい世界です。

愛の宣伝会議はまだプロローグしか見ていませんが、2202第四章予告映像を見ては、上映会の時の想いもよみがえってきまして、ツィッターにて多くの方の声を見れば、私の中の想いもさらにかきたてられ(同じように感じている方の声にはうれしくも思い^^)、早く感想(ネタバレあり)をUPしたい気持ちにかられます。
・・が、まだ初日・・しばらくは、静観し、時期を見てUPしようと思います^^
それでも・・なぜかしら、今回の第四章は、とてもきもちがかきたてられるのか・・少し早めにUPするかも。
第五章はまだ4カ月も先なのに(第三章から今回までは3カ月、それよりも長いので、あまり早くUPしますと、更新ブランク時期が長くなってしまいそうですが^^;でも、第四章は、あれこれ妄想が広がり、抑えきれず噴出しそうですので、ブランク生じないかも:笑)。
kodai19
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第五章最新情報(ネタバレなし)
この場では詳しく書きませんが、各種ネットニュースでは12:00を皮切りに?・・でしょうか、2202公式サイトにても、早々に2202第五章のあらすじやBD&DVD発売情報などがUPされています。
各種ネットニュースでは、最新画像もUPされており、さらりと目通しするうちに、目に入ってしまいました(^^;)。
第五章予告の画像かしら・・? 劇場で確認してから、最新画像を見ようと思っていたのですが(^^;)。これまでは、情報カットしつつ、なるべく白紙で次章にのぞみたい・・と、過ごしてきましたが、今回ばかりはなぜかしら・・第四章の勢いがものすごいので、つい、きもちが先走ってしまったのかも(笑)。
kodai18
5/25(金)上映スタート、というのは、驚きました^^
平日スタート、ヤマトイベント上映では初ですね・・
2202では、いろいろと初の試みの気概を感じますね^^
その頃は全く未定ですが、初日の過ごし方をどのように
しようかしら・・これまで同様にしようかしら・・と、
すでにもやもや。
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第四章グッズ
今朝からずっとそわそわしていました(笑)・・本日から販売スタートとなる2202第四章グッズを無事に購入できるかしら、と。
フルービーさまは事前に10時スタートとありましたが、ヤマトクルーさまはどうかしら、パンフレットが10時販売スタートとメールにもありましたから、どうかしら、とやきもき(笑)。

家族を皆送り、自宅に早々に戻り、早めにPC前にスタンバイ。
数日前からUPされているヤマト関連ニュースや、2202公式サイト、ツィッターなどチェックしながら、ヤマトクルーさまのショップもこまめに確認。
やはり10時スタートでした^^
15分ほどで、すべて完了。
おかげさまで、無事に欲しいものを手配できました。

・・が、少し気になる点。
フルービーさまでは昨日のある時点、一時的に第四章グッズ画像がUPされていましたが、そのとき、発売予定のタグ(黄色)のみUPされておらず、ヤマトクルーさまでは現時点においても販売されておりません。
ただ、現時点において、フルービーさまでは、タグ(黄色)がUPされており、販売されているようです。
私は当初購入しようか迷っていたのですが、ヤマトクルーさまで一括手配を、と考えていたので、今回タグ4種は見送りました(^^;)。
なお、ヤマトクルーさまでは、10時に突如として、「ヤマトジェット ダイキャストモデルプレーン」というものがUPされていました。メカモデルには疎いので、以前販売されたヤマトジェットと何が異なるのか、説明を読んでもよくわかりませんので、躊躇している次第(^^;おき場所も徐々に懸案事項となっておりますゆえ)。

10:45現在、
フルービーさまでは、すでにバックパック、キーホルダー、文庫カバー、クリアフォルダ(ヤマト、好敵手、テレサ)、キャップが在庫切れ、ヤマトクルーさまでは、バックパックが在庫切れ状態です。
すごい勢いですね・・!
2202ci406
(追記2018/01/27/12:00)
第五章ムビチケは、配達予定時期が少し遅いので、保留にしていましたが、先ほどヤマトクルーさまより、「結城信輝〈ヤマト2199星巡る方舟〉修正原画集【下巻】」も本日発売、と知りまして、追加手配することとしました^^
ツィッターで、あれ?と、ワード発見していたのですが、抜け落ちていましたので^^;配達予定時期もムビチケと同じころですので、ちょうどよかったです^^)
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第四章「天命篇」チケット
ライブビューイングを見に行けないのは残念ですが、とりあえず、来週早々のチケットはおさえておきました。
新宿ピカデリー以外の映画館に行こうと思っても、結局、あまり変わらないくらい時間がかかってしまうので、やはり、どうせなら聖地にて再び見たい、と思いまして^^
天気予報によりますと、関東は、来週半ばに雪?などとまた・・今年は大変な冬ですね。

いよいよ明日、ヤマト2202第四章「天命篇」上映スタートですね。
初日に劇場に行けませんが、何となく今日は一日、おちつきませんでした・・上映会のときに感じた想いを、多くの方々も感じられるのではないか、と思いますと、どのような声がネットで飛び交うのか、とても楽しみです^^
私自身は、明日は、家族の世話の合間に、グッズの手配や、今日まで見られなかった「愛の宣伝会議」を見たり、他の映像の再確認、本日届きました主題歌CDサントラCDは、手配のタイミングで、第四章BD&DVDと一緒に届くこととなり、かなり先^^;)、小説・・そうそう、実はまだ第三章BD特典シナリオ集絵コンテ集も未読でしたので、順次確認していきたいと思っています^^

それぞれの方にとってのヤマトとそれぞれの向きあい方で、すてきな一日を過ごしたいものですね。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
BACK | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT