心の底にいつもヤマトはいた・・ニュース、HP運営、作品コメント、妄想(笑)などヤマトにまつわる個人的な記録・・への挑戦
2202第三章関連掲載誌
9月中旬に下書きしていて、UPし忘れていまして、遅ればせながら・・(^^;)。

「昭和40年男 2017.10」
裏表紙2202第三章全面広告(上映情報、クリアファイル付前売券情報)、中の誌面「news&information」のページに、2202第三章情報(上映情報、クリアファイル付前売券情報、特別限定版BD情報)、キービジュアル等の画像とともにあり。


以下は、最近のもの。

「DVD&BDでーた 2017.10」
ブレードランナー公開記念のリレー・コラム第2回として、福井晴敏さんが書かれており、プロフィール欄「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」の表記あり、小さなスペースですが「福井晴敏最新news」タイトルとして、「宇宙戦艦ヤマト2202第三章『純愛篇』」上映情報が掲載されています^^(古代の画像とともに^^)
また、他の劇場公開映画のページにも、小さいスペースですが、ヤマトの画像とともに、2202第三章上映情報が掲載されています^^


「V-STORAGE vol.11」
先日の最速上映会にて、新宿ピカデリーにおかれていたので、ようやく入手できました^^
また、書き忘れてしまいましたが、その後、数日前のヤマトジェット&輝艦大全ヤマトクルーさまより送っていただきました中に同梱されており(2202第三章チラシとともに)、とてもありがたく思っておりました^^

内容は・・本編ネタバレなきように、と書くとしたならば・・事前にいろいろ情報を入れたくない方は、読まない方がよいと思います!
1ページ全面に上映情報、BD&DVD情報、次の見開き2ページに、桑島法子さんのインタビューが、本編画像数枚とともに掲載。
とくに、桑島さんのインタビュー記事は、見終えた私は、「とても参考になる、読み応えある記事でよかった^^」と感じられましたが、逆に、「見る前に読まずにいてよかった」と。
本編をまだ1回しか見ていませんが、第三章の古代とユキは、近年のヤマト作品には見られないようなかかわりようを見せてくれるので、何度も見直してみたいと思っていますし、あれこれ考えつつ、この先の展開を期待しています^^


ヤマトクループレミアム会報誌「宇宙戦艦ヤマト航海日誌 vol.19」
最速上映会を見てから読もうと思い、ようやく読み終えました。
とても読み応えある内容でした^^
2202第三章に関するニュースのページは、昨日新たにUPされたものも多く、私としては、やはり本編を見た後で、目にしてよかったと思います^^ 

とくに「2202第三章純愛篇の新着設定資料」は、今見て、本編のいろいろなシーンを思い起こすことができるので、鑑賞前に見なくてよかった・・初めて本編で見るインパクトを味わえたので^^
ただ、設定資料の中の、メカや背景にあたるものは、事前に目通しした方が、より、本編を理解しやすかったかな、と。どのような状況下におかれているのか、の把握が、スピーディな展開の中で充分にできず、登場人物たちの情感をじっくり味わうというところまで到達できませんでしたので(^^;)。

「ヤマト・アートコレクション」にある原画は、とてもすてきなので、ぜひとも、クリアファイルなどの形で商品化してほしい!と切に願っております^^
麻宮騎亜さん、高倉康二さんのインタビュー記事もとても読み応えあり、それぞれの方のヤマトへの情熱が感じられました^^

ヤマトファンの方々の文章も、とても熱く、想いを分かち合えるようなきもちになり、うれしいものでした^^

最近は、子供たちも忙しく、私一人でヤマトを楽しむようになり(『2199星巡る方舟』までは、一緒に劇場に見に行っていたのですが)、少々さびしい想いもしていましたので、会報誌の存在は、心強く感じています^^(ネットにはない、質感、実感もわきますので^^)
2202ci301
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
ヤマト関連掲載書籍
最近発売されました、かつての「宇宙戦艦ヤマト」が掲載されている書籍です。
夏休みに発見し、UP遅くなりましたが・・。

「日本懐かしソノシート大全」
SFアニメジャンルにて、、1ページ全面に、カラー画像とともに、「宇宙戦艦ヤマト」掲載。
私はヤマトのソノシートはもっていませんでしたが、他ページには実に多くの作品が掲載され、その時代の雰囲気をとても懐かしく見ることができました^^ かすかな記憶では、幼少のころに、「アタックNo.1」のソノシートを聴いていたと思います・・赤い薄いシートから音声が聞こえるのが、とても驚きでありましたし、たしか、紙芝居が一緒にあり、楽しんでいたかと。
今は、ビデオがありますから、お手軽に高品質のビジュアルと音を楽しめますが、その原型媒体、なのでしょうね。いつの時代にも、作品を思い返しては楽しみたい、という人々の想いが伝わってくるようでした^^
ヤマトパート1のTV画像やイラストなどが掲載されていましたので、とても懐かしくこころかきたてられまして、「宇宙戦艦ヤマト全記録集」など、ひさしぶりに開いてみたくなりました^^

「文藝別冊 総特集 阿久悠」
今年、没後10年の節目の年ですので、TV番組でも阿久悠特集が多々企画されていますが、活字での特集本もうれしいかぎり^^
「次世代に伝えたい阿久悠作品30」のひとつに、「宇宙戦艦ヤマト」が掲載され、レコードジャケット画像とともに紹介されています(白黒で、すべての作品が小さめのスペースにコンパクトにまとめられているのが残念)。
kodai1oki2.jpgyuki5.jpg
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
2202第三章グッズ
本日、2202公式サイトにて、2202第三章グッズ情報がUPされました^^
これまでに比べて、公開日前のずいぶん早くにUPされた感・・しかも、キャラ主体のデザインの商品も多く、とてもうれしいです^^

期待していた、これまでの雑誌掲載の書下ろしデザインのクリアファイルや、想像もしていなかった、ぷちキャラっぽいかわいいキャラのラバーストラップラバーコースターもいいですね^^ 文具好きの私としては、ブロックメモもとてもうれしいです^^

どうかくれぐれも、すぐに在庫切れ表示とならないよう、十分に準備していただきたく思います^^
私は週末には劇場に行けませんので、通販頼り・・ぜひとも、無事に購入できますように^^
2202ci301
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:2 |
「王様のブランチ」
本日放送された「王様のブランチ」の午後の枠が自動録画されていたので、見ましたら、アニソン特集がありました。

まずは新旧アニメソングを映像とともに紹介する中で、ヤマトが登場しないわ・・と半ばあきらめていたのですが(^^;)、「1000人に聞いた!もう一度歌いたいアニソンランキング」(対象者不明)のコーナーにて、20位から発表の中、第4位「宇宙戦艦ヤマト」でした!
第1位「タッチ」第2位「ルパン三世(ボーカルバージョン)」(意外でした^^;)第3位「残酷な天使のテーゼ」という中ですから、善戦だったかと^^

一部しか流れなかった楽曲もある中、「宇宙戦艦ヤマト」は、OP映像の最初、前奏から流れ、TV放送版すべて流れました^^ しかも、司会の渡部さんが一緒に口ずさんでいらして、これがとてもうれしかったです^^ 実は、以前の司会の谷原章介さんから変わってから、番組全体の雰囲気が若い世代によるものなってしまったような印象を受けていましたから、アニソンとなると、半ばヤマトが出てこないのではとあきらめていたのですが、コーナー最後でも渡部さんが「同世代の人と見たかったな」「ヤマト歌って、みんなに笑われるなんて」というようなことを言われていたので、ますますうれしくなってしまいました^^ ヤマトが好きなご様子でしたので、とても親しみがわきました^^(ぜひぜひ21992202もご覧になってほしいですね^^・・今度、2202第三章映画ランキングにランクインしたら、渡部さんのご様子に注目したいと思います:笑)
kodai1
久し振りに見たパート1の映像と
ささきいさおさんのお声が、とても
懐かしく、胸にしみました^^
別窓 | ヤマト音楽 | コメント:0 |
「ヤマトジェット、輝艦大全ヤマト」到着^^
かなり以前に手配していましたヤマトジェット輝艦大全ヤマトが、本日到着しました^^
ヤマトジェットは第一期発売時にはおさえられず(クリアファイル付)、その後の第二期で。
どちらもまだ開封していませんが、楽しみです^^(手ごろな大きさなので、かさばらない点でもよいですね^^)

輝艦大全ヤマトには、ヤマトクルートレカがたくさんついていまして、必死になって集めているわけではありませんが、やはりうれしいものです^^(今回は、輝艦大全ヤマトセット分は、森雪、英雄の丘沖田像、アンドロメダ、輝艦大全、最近のユキフィギュアのイラスト、その他ランダムトレカとして、山崎さん・・でした^^)

最速上映会後、悶々としていましたので、すこしいやされました(笑)。
yuki9
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「2202第三章『純愛篇』君、ヒトヒラPV」感想(ネタバレなし)
2202公式サイトにてUPされました新PVを見ました^^
PV映像メモもいつものようにとりつつ、コマ送りしたり、細かく見て、楽しみましたが、これまで同様に詳細メモと感想を書くと、やはりどこかに、本編を見てしまった後のバイアスのかかった表現になってしまいそうなので、ネタバレを避けるためにも、今回は、詳細UPを控えることとしました。
以下に、おおまかな感想を、できるだけネタバレないように書きましたが、未見の方は、ご自身の判断にて、閲覧ご注意ください。

--------

最初にPVを一度見て、の全体的な印象は、「いろいろな場面をきわどい部分で切られて、とても魅力的な編集をされ、ドキドキワクワク、ハラハラもしそうな、すてきなPV」ということでした^^
興味ある方は、ぜひとも、迫力ある大スクリーンと音響設備の整った劇場にて、ご覧いただけたらうれしいですね。

私は、まだ1回しか見ていませんので、見落とした部分もあるようで(実際、PVの、とある方のセリフを聴いた記憶がない、という驚きの状況にありまして^^;)、すでに3日たち、細かい部分の記憶が徐々にあいまいになりつつありますから、早くもう一度見たくてしかたありません(おととい書いた初見感想の下書きも、UPするころには、漏れ落ちの多い内容の拙文と化しているかもしれませんね(^^;))。
kodai18kodai20yuki10
PVによって、本編映像を断片的に見ていますと、
初見では謎にひっぱられ、じっくりと味わえなかった
さまざまなシーンが、じわじわとよみがえってきます・・
今までに見たことのない古代とユキに出会えます^^!
私が、かつてサイト「古代進case study」にて書いた
「復活篇続編メモ的シナリオ」のとあるシーンに
近い感覚の世界がビジュアル化されたような気分^^・・
という想いが、ようやく、ふつふつわきおこってきました^^
(こんなシーン見たかったのですよね^^)
その他にも魅力的なシーンが多々^^
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
2202第三章「純愛篇」最速上映会 その2(ネタバレなし)
昨夜、とりいそぎ、2202第三章本編についての印象を書きましたが、忘れないうちに、さきほどまで、ネタバレありの初見感想を下書きしていました^^ 
改めて、本編の細部を思い出し、実に、いろいろな要素が込められた作品であることを感じました。まだ1回しか見ていませんので、見逃しているシーン、セリフも多々あると思いますから、これからまた何度か見て、より、理解を深めたいと思います^^
(まだ昨日更新された2202公式サイトを見ていませんので、そちらの新PVや最新のヤマトクループレミアム会報誌に、まずは目を通したいと思います)

-----

本編の初見感想(ネタバレあり)のUPは、まだかなり先のことになりますが、昨日の本編の前後にありました舞台挨拶等の様子を簡単にまとめておきます(内容は、ネタバレになりますので、書きません)。

18:30~50ころ
内田彩さん、中村繪里子さんが司会をされ、羽原監督、福井さんが登場^^
福井さんは体調崩されていましたが、「会場のパワーをいただき、よくなってきました(笑)」と、いつもながらのユーモアを交えたトークをしてくださいました。
羽原監督は「上映館数も増え、チケット売り上げも上昇とのこと、感謝しています。いいものを作ろう、とがんばってますので、よろしくお願いします」「見どころは、EDの左側の小窓映像にこだわりありますから、よく見てください」とのことでした^^

20:35~21:10
小林さんが司会をされ、「ティーチイン」形式の説明を(観客の方々は感想を話すのでなく、質問していただく、という質疑応答形式)。
まず、内田彩さんと中村繪里子さんが、興奮気味に、初見感想を話されました^^
その後、質疑応答スタート。
最後に告知あり、「2202第三章上映情報、2202第三章DVD・BD情報、上映期間の3週間分の入場者プレゼントあり、CD情報(テレサ)、舞台挨拶情報、特番情報」。

とても楽しいひとときを過ごすことができました。
ありがとうございました!
よい席でしたので、ヤマトクルーさまにも感謝します^^
2202ci301
↑この写真ばかりですが、
 いずれ当日の写真に修正UPします^^
別窓 | ヤマトへ寄せる想い | コメント:4 |
2202第三章「純愛篇」最速上映会 (ネタバレなし)
1時間ほど前に帰宅しました。
ネタバレなきよう、印象のみ、記しておきます。

今回も、とてもボリューム感あり、場面展開も速く、見ごたえ十分^^
絵も美しく、迫力あり、音楽もすてき、キャラの魅力も生き生きと^^

ただ、年をとってきたせいか(^^;)、場面展開の速さによるのか、もともとの私の性分のせいか、言動の真意や深まる謎が気になってひきずってしまったり(謎のまま保留にしておくともやもや感残ってしまい^^;2202は、そういうタイプのドラマ、とわりきってしまえばよいのですが^^;)、また、状況の把握がすぐにできず咀嚼しようとするうちに、すてきなシーンがもやもやの中で過ぎていってしまうことが、たびたびありました(じっくり落ち着いて見たい、という想いが強く^^;)・・私の個人的な感じ方なので致し方ないのですが。その分、何度も見て、理解を深めたい、と思いますし、謎は謎として第四章以降への期待、という形で、きもちを収めたいと思っています^^

帰宅中に、また自分なりのメモを見直していたのですが、あとになって、すてきなシーンが改めて思い起こされ、そこに込められた想いを受けとめ、じわじわと感じられ、余韻に浸っていました^^
再確認したいことも多々ありますので、上映スタートが待ち遠しいです^^
2202ci301
別窓 | ヤマトへ寄せる想い | コメント:0 |
いよいよ明日、2202第三章最速上映会
いよいよ明日、2202第三章「純愛篇」最速上映会となりました。
はじめての「ティーチイン付」上映会なるもの・・どのような内容になるのか、全くわかりませんが、楽しみにしています^^
結局、第一章、第二章の復習はできなかったのですが、まだ時間はありますから、明日の夜までにはヤマトへの想いをふたたび思いめぐらせつつ、のぞみたいと思います!(現実生活のあわただしさもありましたが、もうひとつのブログで触れていますが、想定外にはまってしまった作品がいろいろとありましたもので、なんとかそちらのきもちを今日までにおさめてきたところです^^;)

少し早めに出発して、久し振りの都内で気分転換しつつ、ヤマトへの想いを高め、劇場に向かいたいと思います。東京メトロポスターなども見られたらいいな、と思っています^^
2202ci301
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
「宇宙戦艦ヤマト航海日誌 vol.19」到着
昨日、ヤマトクルーさまより到着しましたが、まだ見ていません。
今のところ、2202第三章最速上映会を見終えたら、と、考えています。

記憶があいまいですが、これまでは、最速上映会前には、冒頭10分映像が公開されていたような?・・あるいは、当日UPだったかしら。
そのあとのイベント上映スタートまでまだかなりありますし、BD発売も先のことで、上映会で見た後は、見直して再確認もできず、悶々としてしまうのかも?
そのときのために、会報誌を見ないで、とっておこうと思います(笑)。

そろそろ、ドキドキしてきました(週末も現実生活ではいろいろあり、きもちが↓だったのですが、ヤマトのことを思い出すと、その日まで頑張って過ごそう、と思えてきました^^)。
yuki9
別窓 | ヤマト関連書籍・雑誌 | コメント:0 |
2202第三章「純愛篇」最速上映会 チケット到着^^
夕方に、2202第三章最速上映会チケットが、無事にヤマトクルーさまより到着しました^^(トレカポスター付で^^)
1週間を切っていましたので、気になっていましたが、安心しました。
座席はほぼ中央となり、とてもありがたく思っております。
日々いろいろなことがあり、もうあとわずかですが実感もなかったものですから、とてもうれしく、いよいよ、とわくわくしてきました^^
あとは、何事もないことを祈りつつ・・。
楽しみにしています!
2202ci301
別窓 | 映像作品(ヤマト2202) | コメント:0 |
BACK | 宇宙戦艦ヤマトとの旅の果てに | NEXT